具志アンデルソン飛雄馬

ぐしあんでるそんひゅうま
具志アンデルソン飛雄馬

肩書き
多文化共生NPO世界人 理事長
出身・ゆかりの地
三重県

この講師のここがおすすめ

想像もつかない波乱万丈な人生を送るブラジルサンパウロ生まれ、日系3世ブラジル人、具志アンデルソン飛雄馬氏。1%の人間としての可能性を信じ社会復帰した経験から、いじめ、自殺、差別事象から学ぶ多文化共生社会についての講演で、熱い想いを語る。

プロフィール

日系3世ブラジル人。ブラジルに移住した日本人の子孫であり、1990年に来日。
来日後、自分自身学校・社会で文化の違いや言葉の問題により「いじめ」や偏見、差別などの問題に直面し、暴走族を結成するなど非行に走る。
そこからは想像もつかない波乱万丈な人生を送る。
現在、自分の体験をもとに三重県内の小・中・高校で国際化対応教育指導員として、子どもたちの指導・相談サポートを行っている。また、NPO活動を通じて、実態調査・生活相談事業・署名活動・請願活動や市民、学生、企業、 行政、教師を対象に講演活動を行っている。

 略歴 
◆具志アンデルソン飛雄馬 略歴

 講演実績 
日本生命/カネボウ・トリニティ・ホールディングス㈱/㈱NTTドコモ日本生命/カネボウ・トリニティ・ホールディングス㈱/㈱NTTドコモ/クラシエホールディングス㈱/TOYOTA/愛知同和問題企業連絡会/㈱ブラザー工業/スギ薬局/AJALT/大阪同企連/大阪市企業人権推進協議会/大阪吹田企業人権協議会/大阪豊中企業人権啓発推進員協議会/京都医師会/三重県人権啓発推進モデル企業要請講座/三重県松阪市人権啓発企業連絡会/三重県松阪自動車学校 >その他実績多数

主な講演のテーマ

1. 死んだら終わり だから生きるんだ~多文化共生のかけはし~
今もなお日本には差別の問題がいろいろあります。多民族が共に生きて行ける社会、お互いを尊重し共存していける社会をつくっていくためには、「一人ひとりが理解していく」ことから始まっていくと思います。自分自身の波乱万丈な体験や、言葉が通じないのはどういく感覚なのかなど、映像や写真、音楽などを使い、「差別がいかに多くの人を傷つけるか」ということを訴えます。

2. 多文化共生社会の実現を目指して~差別事象から学ぶ~
現在、日本全国で暮らす在日世界人は200万人を超えていると言われています。少し前までは「出稼ぎ」と言っている時代があったのですが、今では長期滞在や永住権を希望する方が増加している。グローバル化と言われる時代の中で多文化共生社会を実現させることは重要なことであり、そのためにも一外国人としてではなく一国民として受け入れ共生していく必要がある。「多文化共生社会の実現を目指して」では世界人が増え続ける理由と現状、また、日系人と言われる人たちのルーツ。そして日常的に起きる差別や偏見から何を学ばなければならないのかについて話します。

カテゴリー

官公庁向け
教育・学校・PTA
文化・生涯・国際・異文化交流

聴講者の声

  • 胸にずっしりとひびいたお話でした。多文化共生は大切だとわかっていたつもりでしたが、まだまだ甘かったと痛感しました。「知る」ことの大切さ、心と心でわかりあうことの大切さを改めて感じました。方策と言われてもすぐに思いつかない自分が情けないですが、目の前の子どもたちをしっかり見つめちがいを認め合いお互いを尊重して生活していくことの大切さを伝えていきたいと思いました。
  • 差別やいじめについて、知らなかったことばかりで勉強になりました。自分も知らず知らず人権を傷つける行動をしていたのではないかと考えさせられました。子どもたちの学校にもフィリピン人、ブラジル人の子どもたちが一緒に学んでいるので、今日感じたこと、学んだことをわが子に伝えたいと強く思う。「知る」ということは大切なことだと感じました。
  • 今日、具志さんのお話を聞かせてもらえたことは(大げさな表現に聞こえるかもしれませんが本当に一生忘れられないと思います。)ガツンと頭をなぐられた感じです。今日、たくさんの事を感じ考えました。そのことを自分なりに整理し、これから自分にできることは何か具体的に考えていこうと思います。
  • 外国人差別の問題は相手を知らない、ことが大きな原因で、会って話せば友達になれる。いろんな国のいろんな食べ物をたべたり文化を知れたり、言葉が知れるそんな楽しさ、面白さ、よさに着目していきたいです。何にも構える必要はないと思いました。
  • TVで見るドラマはある程度オーバーな筋書きだと思って見ておりました。具志さんの体験談から、それよりももっと厳しい残忍さで、しかも子どもたちによって行われていることに衝撃を受けました。想像を越える出来事の話でも、自分で道を開いていけば必ず明るい道が開けるんだと・・・親子共々、色々学んで道を開いていければいいなと思いました。
  • 具志さんの想像を絶するような15年間の話に引きこまれました。大変努力されて、今に至っているのだなと思います。差別やいじめに合った時、それをはねのけるような力を子どもたちにつけることは本当に必要だと痛感しました。人間ってどうしても差別心があるのだろうか・・と、話を聞きながら、とても悲しくなりました。少しでも人の痛みに気づける人間になりたいと思いました。
  • 単なる外国人差別にとどまらず、人間としてどう生きていくべきか、他人とどう共生していくか、深いテーマの話を聞くことができ、自分自身のためになった。子どもにも私自身も強くなりたいと心から思いました。貴重なお話ありがとうございました。うまく言えませんが今日はいろんな思いで胸がいっぱいです。
  • 強い人だと思いました。あきらめない心、一番大切だと思いました。やればできる、忘れないでいきたいと思います。「今の社会、ぐしゃぐしゃだけど…」とおっしゃっていたこと心に残りました。一人ひとりが大切にされる社会が実現できるようがんばっていきましょう。
  • 本音や建て前を持っている分、大人の差別や偏見といった問題は根が深いと個人的には思います。多様性を認めつつある現代の日本ですが、差別の問題はいまだに消えることはありません。よりよう社会が形成されるよう私も頑張りたいと思いますとてもわかりやすかった。家に帰って早速不要なものを整理したい。

あなたにオススメの講師

Page Top