池田 智鏡

いけだ ちきょう
池田 智鏡

肩書き
普光寺住職
出身・ゆかりの地
福岡県

この講師のここがおすすめ

莫大な借金と離婚を経てゼロから出発した池田智鏡住職の「琵琶で奏でる女の半生」が口コミで全国に広がっている。「念ずれば、必ず叶う!何を小さな事でくよくよ心配することがあるものか」と諭すことばは、波乱の人生を経て尼になった池田氏からの強いメッセージだ

プロフィール

1944年北九州市生まれ。
高校を卒業後に就職、22歳で結婚、その後離婚する。
輸入雑貨卸業の会社を10年間経営し、その後37歳の時に真言宗毘沙門天総本山信貴山で得度。 北九州市普光寺別院『毘沙門堂』の復興に携わる。その後、真言宗から天台宗に転派し、日陽山毘沙門天普光寺の住職となる。琵琶演奏を交えた講演やエイズ撲滅等の活動に取り組んでいる。

27歳の頃までは「我がままで自分勝手」な女性だった。姉夫婦が経営する会社に勤めるも、 28歳の時に会社が倒産。家族で何億もの借金を抱える地獄に陥る。
その後離婚を経験し、30歳で輸入雑貨卸業の会社を立ち上げ、次々と事業拡大を行うも、やがて借金が5000万円にまで膨れ上がってしまう。足元を固めずに、事業欲と焦りが生んだ結果となった。借金返済の為、本業の他に保険会社と化粧品会社を掛け持ちし、睡眠時間3時間でがむしゃらに働いた。

カリカリしている日々の中、仕事関係の人がふらりとやってきてある言葉を残していった。
「俺が俺がの我(が)を捨てて、お陰お陰の下(げ)で生きる」。このたった一言が胸に突き刺さった。「思わず号泣したんです。『神仏拝むなら我拝め』と言っていた私が、自然に手を合わせるようになり、頭を下げることができるようになったんですよ」。そして借金の苦しみのなか得度する。37歳の時だった。

主な講演のテーマ

1. 人間力を磨く
2. 琵琶で奏でる女の半生
3. 人生に無駄な事は何ひとつない
4. おれがおれがの「我」を捨てて、おかげおかげの「下(げ)」で生きる!

カテゴリー

官公庁向け
企業向け
文化・生涯・国際・異文化交流

あなたにオススメの講師

Page Top