黒川 伊保子

くろかわ いほこ
黒川 伊保子

肩書き
脳科学コメンテイター
株式会社 感性リサーチ 代表取締役
人工知能研究者
随筆家
出身・ゆかりの地
長野県

この講師のここがおすすめ

脳科学・ことばの研究者、黒川伊保子さん。
講演では、
男女の脳の違いや、7年周期で脳に起こる変化、脳の発達のしくみなど、「脳」をキーワードとして、悩ましい職場のコミュニケーションやマーケティング、子育てに夫婦間コミュニケーションなど、様々な問題を解決するヒントをお話しいただけます。働いている方、既婚者方、子育て中の方などには、目からウロコの情報をお伝えいただけること間違いなしの講師です!

プロフィール

1959年、長野県生まれ。
脳科学の見地から「脳の気分」を読み解く感性アナリスト。
「市場の気分」を読み解く感性マーケティングの実践者であり、「男女脳の気分」を読み解く男女脳論の専門家、「ことばが脳にもたらす気分」を読み解く語感分析の専門家でもある。人工知能(AI)エンジニアを経て、2003年、ことばの潜在脳効果の数値化に成功、大塚製薬「SoyJoy」のネーミングなど、多くの商品名の感性分析に貢献している。宣伝会議のコピーライター講座で講師も勤める。
昨今では、「男女脳差理解によるコミュニケーション力アップ」を目的とした講座も人気。
脳の研究からくりだされる男女脳の可笑しくも哀しいすれ違いを描いた随筆や恋愛論、脳機能から見た子育て指南本、語感の秘密を紐解く著作も人気を博し、日本テレビ「世界一受けたい授業」、フジテレビ「さんまのホンマでっか!?TV」に出演、NHK教育テレビ「日本語なるほど塾」の講師として起用されるなど、TVやラジオ、雑誌にもたびたび登場。アカデミックからビジネス、エンタメまで、広く活躍している。1983年奈良女子大学理学部物理学科卒。

<主なメディア出演>
フジテレビ「ホンマでっか!?TV」「とくダネ!」「ごきげんよう」
テレビ朝日「ワイド!スクランブル」 他多数

<主な著書>
感じることば – 情緒をめぐる思考の実験(筑摩書房)
夫婦脳 ― 夫心と妻心は、なぜこうも相容れないのか(新潮文庫)
脳育ての黄金ルール―子どもの脳を豊かに育む脳科学(芽ばえ社) 他多数

主な講演のテーマ

<一般・男女>
1. 人生の脳科学 ~男女のミゾ、人生の波、脳育ての黄金ルール

人の脳には、潜在意識の領域で起こる「とっさの反応」があり、これこそが、知らず知らずのうちに人生を作っているのです。
この潜在意識の「とっさの反応」、男女では、ほぼま逆になるのをご存じでしたか?
だから、男女の間では、良かれと思ったことが裏目に出るし、互いに相手が愚かだと思って暮らすことに。男女それぞれの「とっさの反応」の違いを知ると、家庭や職場の異性の気持ちが手に取るようにわかってきます。
さて、潜在意識の「とっさの反応」は、年齢によっても大きく違うもの。年齢ごとの脳のありようを知り、人生の波にうまく乗るコツもお話しましょう。
そして何より大事なこと。脳を最大限に活性化する、暮らし方の黄金ルールがあるのです。
それは、「早寝、早起き、朝ごはん、読書、適度な運動」。
最も古典的な子育てルールに、21世紀の脳科学の光を当ててみたら、そこには、びっくりするような脳の秘密がつまっていました。早期教育、しつけ、お受験…子育ての指針を見失ったら、この脳育ての黄金ルールに立ち戻ればいい。大人が不眠、不安、うつ傾向に陥った時も同じです。
人生にとても大事な脳の話を満載でお届けします。お楽しみに。

2. しあわせ脳に育てよう & しあわせ脳になろう ~子育ての法則と夫婦の法則
ロボットの知能エンジンの開発者が、自分の子育てのために、10年がかりで探し当てた”脳育ての黄金ルール”をご紹介します。また、人の感性を研究していく途上で見つけた、男女の脳の違い、年齢による脳の感じ方の違いについてもお話します。
男女の脳は驚くほど違い、さらに、脳は、最もいらっとする異性と恋に落ちるようにできているため、夫婦とは、そもそも人間相性最悪の組合せ。その上、30代の脳は、迷い、惑うようにできています。
だから、子育て真っ最中のご夫婦の多くが、「この結婚でよかったの?」と揺れているはず。
けど、それは、どんな組み合わせでも起こる「脳」の癖のようなもの。惚れた相手には、いらいらするのが当たり前なのです。こうして、男女脳が違い、年齢によって脳の使命が違うとわかれば、
人生はかなり楽で面白くなってきます。子どもたちをしあわせ脳に育て上げ、ご自身も幸せ上手になる脳科学。ぜひ、聴きにいらしてください。

3. 家庭の脳科学 ~脳のパフォーマンスを最大限にする生き方
女性脳は、しゃべるとストレスが解消されますが、男性脳は、おしゃべりに付き合うとストレスになり、免疫力が下がります。男たちが、女のおしゃべりに楽しげに付き合ってくれないのには、科学的な理由があるのです。決して愛情の欠如ではありません。
8歳以下の男の子は、用事をさっさと片付けられず、生活の様々なシーンでぼうっとしていますが、それは、空間認識力(将来の理系や芸術の才能)を育てているのです。男の子を、愚痴と指図で追い立てると、将来、理系の成績が上がりません。そして、脳は寝ている間に成長するので、「上質な睡眠」こそが脳育ての最重要事項だということ、知っていましたか?睡眠の質の向上は、子ども時代のみならず、大学受験にも、ボケ防止にも劇的に役立ちます。そして、上質な睡眠を作りだす、生活習慣があるのです。脳を知ると、夫婦関係も子育ても、かなり楽に、思い通りになるはず。
家庭の脳科学に、触れてみませんか。

<学校・PTA>
1. 人生の脳科学 ~脳の活性化する育て方、接し方
脳には、年齢ごとに「使命」があり、その使命が、脳の感性傾向と行動を創りだしています。1歳には1歳のやるべきことが、8歳には8歳のやるべきこと、35歳には35歳のやるべきことがあり、これを素直にやり遂げれば、人生は素晴らしい成果を上げてくれるもの。それが脳の自育力です。
子ども時代は、親のこざかしい英才教育が、大人になると、成果主義の思い込みが、この自育力を邪魔しています。脳科学の知見から、人生のありようを知り、子どものみならず自分の人生も輝かしいものに変えてください。

2. 脳育ての黄金ルール ~脳の学習効果を上げる育て方、接し方
脳科学上、子育てとは非常にシンプルなタスクです。
脳が自ら育とうとすう力を邪魔せず、脳の学習効果を上げる4つのホルモン分泌を促す生活習慣を順守させること。平たく言えば、こざかしい英才教育などせず、語りかけとスキンシップ、早寝・早起き・朝ごはん・読書・適度な運動で、子どもたちを育てることです。
ごく典型的で道徳的に響くこの子育てルール(しかも、教育現場では経験上、決しても違いのないこのルール)は、脳科学の知見を使えば、鮮やかに科学的効果を語ることができます。
英才教育の理論を振りかざすのではない「脳育て」で、お子さんの学習効果を上げてみませんか。

3. 人生に効く脳科学 ~脳を最大限に活性化する暮らし方
脳を活性化させる4つのホルモン(脳内神経伝達物質)があります。
このホルモンをしっかり出しておけば、脳は、溢れる好奇心、萎えない意欲、穏やかな感動力、発想力、思いやりを自然に発揮します。学生ならば成績が上がり、社会人なら売り上げが上がり、熟年世代ならいつまでも呆けません。
こんなに素敵な4つのホルモンを出すには、実はたった5つの生活ルールを守ればいいだけ。その黄金ルールをお教えしましょう。さらに、男女脳の違いを理解して、幸せに暮らすコツを加えて、一生涯使える、「人生に効く脳科学」をお届けしたいと思います。

<企業>
1. 感性コミュニケーション ~男女のミゾを軽々と越え、人生の波に乗る脳科学 【90分】
とっさの快・不快をつくりだす、感性に関わる脳神経回路の特性は、性別、年齢、使用言語によって大きく違います。
よく、ダイバシティ推進のコツは相手の立場になること、と言われますが、その相手が、自分の脳と同じ脳の持ち主だと思っていては、実は片手落ち。「自分ならこうしてほしい」ことを、良かれと思ってしたのに裏目に出るのが、男女や年代を超えた関係の真実。そして、職場には、その関係性が山ほど絡み合っているのです。
年齢、性別などで違う脳神経回路特性を知り、潜在脳に訴求するコミュニケーションを学んでみませんか?不思議なほど、周囲がスムーズに動き始めるはずです。

2. 感性トレンド ~時代の風を読む脳科学 【90分】
ヒトの脳には、免疫の生理周期に起因する「大衆感性の56年周期」があり、大衆全体が「気持ちいと思うこと」の種類も、時代によって大きく違います。その年に、大衆は何を求めていくのか、女性市場はどう動き、男性市場はどう動くのか。脳の認識回路特性と免疫周期は、意外にも深いマーケティングと事業経営の知見を、企業人に与えてくれます。脳科学が与えてくれる、21世紀の新教養に、ぜひ出逢ってください。

3. 感性ネーミング ~心をとらえる、ことばの秘密 【90分】
ことばの語感は数値化ができず、感覚的なことと思われがちですが、脳科学の世界では、語感を客観評価する試みが成功しています。
本講演では、脳とことばの関係性の基礎、男女×年齢または時代によって気持ちいい音韻の種類が違うなど、ことばの法則を学び、自分の名前や商品名を分析し、語感を客観評価する手法を身につけ、キャッチコピーや商品名、日々の企画書のタイトルづけなどのセンスアップを目指します。

4. 感性マーケティング
ヒトの脳には、無意識に感じる「とっさの快・不快」があり、これが購買行動やコミュニケーションに大きく関与しています。しかも、快・不快の方向性は、性別や時代によって大きく違います。
ある時代に売れたものがさっぱり売れない、50代男性がよいと思ったものを20代女性はまったくピンとこない…なんてことは脳科学的には当たり前。こういうことに気づく能力を、ビジネスセンスと言い、20世紀まではデキるビジネスマンの才能とされたものでした。
しかし、21世紀、脳科学のおかげで「センス」は才能ではなく、誰でも手に入れられる教養になりました。この新しい知に、ぜひ出逢ってください。
※感性マーケティング(90分) :男女脳の違い+感性トレンド
※感性マーケティング(120分) :男女脳の違い+感性トレンド+感性ネーミング

カテゴリー

官公庁向け
企業向け
教育・学校・PTA

著作紹介

  • 『感じることば―情緒をめぐる思考の実験』

    出版社: 筑摩書房
  • 『「しあわせ脳」に育てよう! 子どもを伸ばす4つのルール』

    出版社: 講談社
  • 『夫婦脳―夫心と妻心は、なぜこうも相容れないのか』

    出版社: 新潮社

あなたにオススメの講師

Page Top