森脇 健児

もりわき けんじ
森脇 健児

肩書き
タレント
出身・ゆかりの地
大阪府

この講師のここがおすすめ

日本全国でテレビ・ラジオに幅広く活躍中の森脇健児氏。国際ハーフマラソンなど海外のレースに参加するなど、月間250km超のトレーニングや大会への参加等、タレント活動と平行してアスリートとしての活動にも力を入れる。講演テーマは「スポーツとこころの力」など。

プロフィール

1967年2月5日、大阪府枚方市生まれ。
日本全国を飛び回り、テレビ・ラジオに幅広く活躍中。

中学・高校と陸上部に所属。100m11秒02を記録しインターハイにも出場している。最近では「森脇健児陸上競技部」を発足し、春・秋のTBS「オールスター感謝祭」のミニマラソンにおいてはハンデがありながらも常に上位の成績を収める。

2008年には、東名阪ネット6「走る男」にて、北海道から沖縄までの約2700kmを1年間で走破。また、6月の「プーケットマラソン」12月の「アンコールワット国際ハーフマラソン」など海外のレースにも参加するなど、月間250km超のトレーニングや大会への参加等、タレント活動と平行してアスリートとしての活動にも力を入れている。
2012年には、「プーケット国際マラソン 名誉ランナー」の称号を授かる。

ベストタイムは、10km:38分28秒、ハーフマラソン:1時間27分03秒、フルマラソン:4時間11分

 主なメディア出演 
TBS「炎の体育会TV」「大谷ノブ彦キキマス」(ニッポン放送)
KBS京都「森脇健児のサタデースタジアム」「森脇健児のサタデーミーティング」

ラジオ
MBSラジオ「こんちわコンちゃんお昼ですょ!」

ラジオ関西「森脇健児の遊・わ~く・ウィークリー」
ABCラジオ「よなよな」 他多数

主な講演のテーマ

1.試練を乗り越えて
2.スポーツとこころの力

カテゴリー

教育・学校・PTA
文化・生涯・国際・異文化交流
スポーツ
芸能人・文化人

著作紹介

  • 『走る男 北海道→沖縄2700kmの記録』

    出版社: 竹書房

あなたにオススメの講師

Page Top