池谷 幸雄

いけたに ゆきお
池谷 幸雄

肩書き
池谷幸雄体操倶楽部(株)代表取締役
NPO法人IGC理事長
(社)全日本ジュニア体操クラブ連盟理事
出身・ゆかりの地
東京都

この講師のここがおすすめ

ソウル、バルセロナ五輪において、2大会連続でメダルを獲得するという輝かしい戦績を残した池谷幸雄さんは、2001年、自ら「池谷幸雄体操倶楽部」を設立し「スポーツを通しての体づくりと人間形成」に取り組まれ、子どもの頃から体を動かすことの大切さを伝えます。

プロフィール

昭和45年、東京都出身、日本体育大学体育学部体育学科卒業
4歳のころから体操を始め、小学校1年生の時、大阪に転居。
その後、清風中学校・高校で才能が開花し、1988年・ソウル五輪、1992年・バルセロナ五輪において、2大会連続でメダルを獲得するという、輝かしい戦績を残した。
2度のオリンピック出場でファンを魅了し続けてきたが、怪我との戦いが元で、その華々しい体操人生に終止符を打った。1992年秋、タレント・池谷幸雄として第2の人生を歩み始め、CM、バラエティ、キャスター、俳優など、さまざまなジャンルに挑戦。
2001年には「池谷幸雄体操倶楽部」を設立し、現在は1000人の子ども達に指導をおこなう傍ら、選手の育成もおこない、2010年に初開催されたユースオリンピックにおいては、体操ジュニア男子の日本代表選手を輩出、また個人総合で金メダルを獲得することとなった。
現在は、引き続き芸能活動を再開するとともに、スポーツ振興や子どもの教育問題に取り組み、「子ども達の未来のために」をキャッチフレーズに社会活動を行っている。

 主な受賞歴 
文部科学省スポーツ功労賞受賞(1988年)
文部科学省スポーツ功労賞受賞(1992年)

 主な実績 
ソウルオリンピック大会

・団体総合3位 ・種目別ゆか3位 ・個人総合8位 ・種目別跳馬7位

バルセロナオリンピック大会
・団体総合3位 ・種目別ゆか2位 ・種目別つり輪7位

主な講演のテーマ

『子どもの体と心 ~ スポーツを通しての体づくりと人間形成 ~』

◆講演内容

カテゴリー

教育・学校・PTA
健康・食育・美容・メンタル
スポーツ

あなたにオススメの講師

Page Top