荻原 次晴

おぎわら つぎはる
荻原 次晴

肩書き
スポーツキャスター
元ノルディック複合 日本代表
出身・ゆかりの地
群馬県

この講師のここがおすすめ

ノルディック複合で日本中に感動を与えた荻原兄弟。
その弟である荻原次晴さんは、今や、スポーツキャスターとして、スキーを知らない人たちにもその明るいキャラクターで親しまれています。しかし、現役時代は、冬季オリンピック金メダリストであった兄・健司氏と比較され、「兄のニセモノ」と揶揄されることに。講演では、悔しさをバネに、強い決意で臨んだ長野オリンピックと、その成功をもたらした過程や思いについて熱くお話いただけます。チャレンジする大切さを、再認識させてくれる講演です!

プロフィール

1969年、群馬県出身。
双子の兄・健司とともにノルディック複合選手として頭角を現し、1994年からワールドカップに参戦。1995年の世界選手権では団体金メダルを獲得する。1998年は念願の長野五輪に出場、入賞を果たした。引退後はスポーツキャスターとしてメディアに多数出演。オリンピアンの代表格のひとりとして、ウィンタースポーツをはじめ広くスポーツの普及活性に取り組んでいる。その活動が認められ、2017年には日本オリンピック委員会特別貢献賞を兄弟で受賞。アウトドア活動の経験から「次晴登山部」を発足。ツアーを企画し、日本百名山登頂に挑戦している。

 略歴 
1993/1994年   全日本選手権3位、ワールドカップ初出場
1994/1995年   ワールドカップ(準優勝2回、入賞7回)
                      世界選手権 団体(金メダル)
                      ワールドカップ個人総合4
1995/1996年   ワールドカップ(入賞4回)
1997/1998年   ワールドカップ(入賞2回)
                      長野オリンピック  団体(5位入賞)
                      個人(6位入賞)

 主なメディア出演 
TBS系列「ひるおび!」
地上波BSBOATRACE ライブ」
読売テレビ「鳥人間コンテスト」 他多数

主な講演のテーマ

1. 次に晴れればそれでいい
双子の弟として生まれ、何事も兄弟で切磋琢磨して成長してきた少年時代。しかし、92年のアルベールビル五輪で兄・健司が金メダルを獲得して人生が一変する。兄が活躍すればするほど、深まる苦悩。彼が五輪を目指したのは特別な理由があった。双子ならではのエピソードから、いかに本気を出し、自らの存在をアピールできたのかを話します。挫折から這い上がるスピリットや、スポーツキャスターとして現地取材した冬季五輪、ウインタースポーツの裏話なども伝えます。

2. アスリート対象メディアトレーニング (対象:アスリート)
「編集で、自分の意図と違う内容が報道された!」「発言の一部が切り取られて、趣旨が伝わらなかった!」新聞やテレビには、文字数や秒数と言った制限があります。マスコミの編集を理解し、アスリートが「伝えたい内容」を「視聴者・読者」に的確に届けるスキルについてお話します。

カテゴリー

企業向け
教育・学校・PTA
スポーツ
芸能人・文化人

著作紹介

  • 『次に晴れればそれでいい』

    出版社: TOKYO FM出版
  • 『荻原健司―栄光と苦悩』

    出版社: 文春ネスコ

あなたにオススメの講師

Page Top