岡本 麻里

おかもと まり
岡本 麻里

肩書き
クリエイター
元ものまねタレント
出身・ゆかりの地
群馬県

この講師のここがおすすめ

広末涼子さんのものまねで話題になった元タレントで、現在起業家の岡本麻里さん。講演では、自身の芸能活動の成功・失敗経験を活かし、オーディションで見えた人柄の大切さ、わかりやすい自己紹介、夢に日付を、惹かれた人には15分のお茶に誘うなどなど、人間関係円満のコツをお話いただけます!

プロフィール

広末涼子さんのものまねで話題になった元タレントで現在、起業家。
群馬県出身でぐんま観光特使も務める。2006年に地方アイドルとしてデビュー後、2008年に太田プロダクションに移籍。ものまね・グラビア活動、コスメプロデュースなど幅広く活動。発売されたグラビアDVDは、全てランキング1位に。また、2011年自身のブログにて『ものまねメイク連載』をスタート。その記事をまとめた『カンタン☆変身!魔法の自撮り術』が2013年発売されるなど、ものまねメイクの発案者でもある。
2015年に結婚、出産を経て、以前からの目標であった起業を果たす。現在、”生きる” “人間力”をテーマにしたコンテンツや企画創りをしている。
温泉ソムリエ、ナチュラルフードコーディネーター、ダイエットアドバイザー、ホームパーティ検定などの資格を多数持つ。

<資格>
日本化粧品検定2級、温泉ソムリエ、ナチュラルフードコーディネーター、ダイエットアドバイザー、上級救命技能、ホームパーティー検定、フードアナリスト4級、ベーシックアロマセラピスト

主な講演のテーマ

1. 交流力セミナー
① 笑顔と挨拶
② わかりやすい自己紹介 (名刺に手書きで日付&一言を書く)
③ 夢には日付を
④ 惹かれた人とはお茶をする理由 (夕ご飯よりハードルを下げアポがとりやすい”お茶”)
⑤ 相手の話を引き出してから自分の話を
⑥ “でも”を使わず”確かにそうですね”に置き換える
⑦ みんなに認められようとしない
⑧ 嘘はつかない
⑨ 生きる道はひとつではない
⑩ 全ての意見を受け入れない

2. 生きる為に頑張らない
友人の死をキッカケに原案を書いた映画「青の帰り道」を描いた理由や、精神科に3ヶ月入院、退院後1ヶ月で「生きる為に頑張らない」をテーマにした講演会を開催したことなどを題材に。

※講演60分+質疑応答30分

カテゴリー

官公庁向け
企業向け
教育・学校・PTA
福祉・高齢・介護・医療
健康・食育・美容・メンタル
芸能人・文化人

あなたにオススメの講師

Page Top