朴 慶南

ぱく きょんなむ
朴 慶南

肩書き
作家/エッセイスト
出身・ゆかりの地
鳥取県

この講師のここがおすすめ

現在、作家、エッセイストとして執筆活動をしている朴慶南さんは、命の大切さと人間の尊厳、出会いのすばらしさをテーマに、子どもから高齢者まで心に届くわかりやすい言葉で、日本と朝鮮半島をつないでいくメッセージを送りつづけている。

プロフィール

鳥取市出身の在日二世。両親が幼いころ、韓国から渡日。
立命館大学文学部卒業。フリーライター、テレビやラジオの構成作家、ラジオのパーソナリティなどを経験し、現在は作家、エッセイストとして執筆活動をしている。
テーマは、命の大切さと人間の尊厳、出会いのすばらしさなど。一人ひとりがかけがえのない存在であり、だれもがその人らしくいきいきと生きられる社会を目指す。
力を注いでいる講演では、子どもから高齢者まで心に届くわかりやすい言葉をモットーに、日本と朝鮮半島をつないでいくメッセージを送りつづけている。また、在日の立場から日本社会への発言も積極的に行う。
小・中・高・大学生、PTA(保護者)、教職員、保育士、企業、団体の社員、職員、公務員、保護者、一般向けの講演会です。

<主な著書>
『クミヨ!ゆめよ』『いつかあえる』『ポッカリ月がでましたら』『私の好きな松本さん』
『命さえ忘れなきゃ』『私以上でもなく、私以下でもない私』
『私たちは幸せになるために生まれてきた』『なんとかなるよ、大丈夫』 

主な講演のテーマ

1. 私以上でもなく、私以下でもない私
2. 私たちは幸せになるために生まれてきた

カテゴリー

官公庁向け
教育・学校・PTA
文化・生涯・国際・異文化交流
芸能人・文化人
イベント・音楽・芸能

著作紹介

  • 『あなたが希望です』

    出版社: 新日本出版社
  • 『私たちは幸せになるために生まれてきた』

    出版社: 光文社
  • 『やさしさという強さ』

    出版社: 毎日新聞社

あなたにオススメの講師

Page Top