パンチ佐藤

ぱんちさとう
パンチ佐藤

肩書き
野球解説者・スポーツタレント
出身・ゆかりの地
神奈川県

この講師のここがおすすめ

プロ野球から芸能界に鮮やかに転身。“元気配達人”として熱いメッセージを送り続けている、パンチ佐藤さん。
講演では、波乱万丈の人生経験から、現代を生き抜くために必要なヒントを、大人から子どもまで、分かりやすい語り口でお伝えします。

プロフィール

1990年プロ野球選手としてドラフト1位でオリックスブレーブスに入団後、「愛嬌・男気」を持ち合わせたキャラクターで親しまれ、記憶に残る選手として活躍。引退後は「パンチは遅刻しない・風邪引かない・手を抜かない」をモットーに、芸能界という新たなステージにフィールドを移し、「元気配達人」としてテレビ・CM・ラジオ・グルメリポーターとして多岐にわたり活躍。現在もテレビ・ラジオ・CM・映画など幅広く活動しており、「元気配達人」として全国各地で様々なサポーターとして使命を全うしながら多くの方々に元気を配達している。

 主な経歴 
1964年      神奈川県生まれ
1983年      神奈川県武相高等学校卒業
1987年      亜細亜大学経済学部卒業後、熊谷組入社。都市対抗野球 出場
1988年      都市対抗野球 2年連続出場
1989年      都市対抗野球 3年連続出場
1990年      ドラフト1位で、オリックス・ブレーブス(現・オリックス・バファローズ)入団
1994年      現役引退、芸能界で第2の人生をスタート
1997年      初のフルマラソンを完走
2002年      初めてのCDを発売

 現在の活動 
・エフエムたちかわ「瑠美とパンチのほろ酔い酒場」   ・岩手県北上しらゆり大使
・ベースボールマガジン「パンチ佐藤の漢の背中」    ・山形県南陽市ラーメン大使
・講演活動                      ・川崎市市民文化大使
・ラジオパーソナリティー・メディア・CM・映画出演   ・茨城県笠間サポーター
・青森県南部町鍋将軍                 ・福岡県くるめふるさと大使

 メディア出演歴(抜粋) 
「ジャンクスポーツ」「めざましどようび」「ぶらり途中下車の旅」
「とうほく元気です!TV」「一度は行きたい!にっぽん露天風呂の旅」

主な講演のテーマ

1.人生・山あり谷あり・笑いあり
好きで始めた「野球」が「仕事」となるプロセス。学生時代、サラリーマン(実業団)そして、プロの世界へ。すべてのことにチャレンジをしてきた人生。プロ野球での5年間。プロ野球界から、芸能界への転進の決断。「野球」のチームプレーの難しさ、芸能界での成功・学んだことをお伝えします。

2.夢を掴むために
夢・希望を現実のものにするためには、個人の努力はもちろんのこと、野球(組織)=チームプレイ=コミュニケーションが重要となる。そして組織や、人を観察することで自分がどのような立ち位置なのか、今何を求められているのかを考えることへのアドバイスをします。またパンチ自身が今も続けている“気くばり・気をまわす”ことの大切さをお伝えします。

カテゴリー

ビジネス
教育・学校・PTA
文化・生涯・国際・異文化交流
スポーツ

あなたにオススメの講師

Page Top