坂本 博之

さかもと ひろゆき
坂本 博之

肩書き
元プロボクサー
SRSボクシングジム会長
出身・ゆかりの地
福岡県

この講師のここがおすすめ

虐待、施設生活を乗り越えプロボクサーへの夢を実現させた坂本博之氏。チャンピオンの座を獲得する一方でケガとの戦いと向き合う。講演では「僕は運命を信じない」と題し、15年間のボクシング生活で学んだこと、自身が変わることができた経験をお話します。

プロフィール

1970年12月30日 福岡県生まれ。
2歳前に「鞍手乳児院」へ預けられ、3歳を迎えるころ児童養護施設「誠慈学園」へ入所。その後一時帰宅と親せきの家を転々としながら、小学二年生の時にネグ レクトを受け、児童養護施設「和白青松園」に引き取られる。
同施設のテレビでボクシングと出会い、プロボクサーを目指す。
20歳でプロデビュー。全日本ライト級新人王、日本ライト級チャンピオン、東洋太平洋ライト級チ ャンピオンを獲得。WBA・WBC世界ライト級タイトルマッチに4度挑戦し、2007年に現役を引退。
現在、ボクシングトレーナーとして後進の育成とともに、児童養護施設の支援を目的とした「こころの青空基金SkyhighRingS~SRS」を主宰して精力的に活動中。
「私の生き様をお伝えする内容ですが、聴いていただいた方々に何かを感じ取っていただければと 熱をもってお話させていただいております」と語り、青少年に対しては「夢を持つこと」、ご父兄、 職員などへ向けては「熱をもって接すれば、熱をもってかえってくる」をテーマとして全国の小中 学校、高校、大学、企業など多数の講演活動を行う。

<主な活動履歴>
1991年 プロデビュー・全日本ライト級新人王
1993年 日本ライト級チャンピオン
1996年 東洋太平洋ライト級チャンピオン
1997年 WBA世界ライト級タイトルマッチ挑戦
1998年 WBC世界ライト級タイトルマッチ挑戦、WBA世界ライト級タイトルマッチ挑戦
2000年 「こころの青空基金」設立
日本タイトル獲得後より、交流を深めていた出身施設である「和白青松園」へ物品寄付や試合招待、施設訪問を行う       WBA世界ライト級タイトルマッチ挑戦
2002年 腰椎間板ヘルニア外科手術
2006年 復帰戦
2007年 現役を引退(47戦、39勝、29KO、7敗、1分け)
こころの青空基金~SkyhighRingS~SRSと改名し、全国の児童養護施設へ向けて支援活動の輪を広める。自身の半生や、こころの青空基金の活動を語り広める講演活動の開始
2010年 SRSボクシングジム株式会社 設立、代表取締役 会長を務め、選手育成に力を注ぐ

<主な講演実績>

  • 社団法人伊勢崎青年会議所 「つなげ命、止めろ虐待」
  • 北海道厚沢部町PTA連合会研究大会 「今を熱く生きる」
  • 福岡県新宮町・新宮町教育委員会 「防ごう非行 助けよう立ち直り!差別をなくす地域のチカラ」
  • 横浜市鶴見区更生保護協会 「鶴見区社会を明るくする運動 講演会」
  • 社会福祉法人同仁会 「運命を跳ね返すことば」
  • 香川県児童養護施設協議会 「西日本児童養護施設職員セミナー」
  • 東鷹高校成人教育講演会 「生き様」
  • 財団法人日本ボクシングコミッション浪速少年院 「熱をもって接すれば、熱を持って返ってくる」
  • 福岡大学スポーツ科学部 「トップアスリート強化・支援の為の実践教育プログラム」
  • 八街少年院 「僕は運命を信じない」
  • 福岡市乳児院児童養護施設協議会・自立援助促進事業運営委員会 「自立をするための心構え」
  • 港区立子ども家庭支援センター(みなとキッズサポートセンター) 「熱を持って接すれば……」
  • 朝倉市青少年育成市民会議 「青少年の集い in あさくら」
  • 財団法人日本ボクシングコミッション浪速少年院 「熱をもって接すれば、熱を持って返ってくる」
  • 横浜市青少年指導員連絡協議会横浜市こども青少年局 「愛情によって人は変われる」
  • 浮羽警察署 「運命とは…」
  • その他、福岡県警、久留米署、福岡少年院、川越少年刑務所、福岡トヨペット、メドトロニック、 ラインオズクラブ、キワニスクラブ、全国の小中学校、高校、大学、企業など多数

主な講演のテーマ

1.僕は運命を信じない
坂本氏は親戚の家に預けられた時に虐待を受け、その後施設で少年時代過ごすことになりました。 そこで、テレビのボクシングの生中継を見たことをきっかけに、プロボクサーになる夢をもち、高 校卒業と同時に、ボクシングジムへ入門。プロボクサーとしてデビューし、日本ライト級チャンピ オン、東洋太平洋チャンピオンに輝き、世界チャンピオンへのタイトルマッチにも4度挑戦した一 方では、椎間板ヘルニアの手術を受け、故障と向き合いながら戦ってきました。
ご自身の生い立ちにより経験してきたこと、15年間のボクシング生活において学んだこと、ボクシ ングをすることによって人からの愛情や熱を受け、自分が変わることができた経験をお話しします。

2.児童養護施設と虐待の現状
坂本氏は児童養護施設での生活を経験した当事者であり、ボクシングを引退してからは、ボランテ ィアとして、施設を訪問し、SRSボクシングセッションなどを行っています。その児童養護施設の 入所理由の60%が「虐待」である現在、直接子供達とふれあい感じること、大人が子どもを育てて いくことの大切さを熱く語ります。

3.命の尊さ
ご自身の経験をもとに、「生きる強さ」や「絶望を希望へ変えていく過程」を伝えます。

カテゴリー

官公庁向け
企業向け
教育・学校・PTA
文化・生涯・国際・異文化交流
スポーツ

ギャラリー

あなたにオススメの講師

Page Top