谷川 真理

たにがわ まり
谷川 真理

肩書き
マラソンランナー
出身・ゆかりの地
福岡県

この講師のここがおすすめ

国内外のマラソンで活躍したマラソンランナーの谷川真理さんは、現在各地でのハーフマラソンに参加されるなど、マラソンの楽しさなど啓発活動に取り組まれています。講演でも、「忍耐は苦しいけれどもその実は甘い」などマラソンの魅力、生き方についてお話して頂けます。

プロフィール

1990年~1994年  資生堂
1991年東京国際女子マラソン優勝
1992年名古屋国際女子マラソン2位
1992年ゴールドコーストマラソン(豪)優勝
1993年東京国際女子マラソン2位
1994年パリマラソン優勝 2時間27分55秒大会新
1994年札幌国際ハーフ優勝
1994年~1999年  良品計画
1999年~ 現在  アチーブRC東京 所属

<主な受賞>
平成 4年 東京都都民文化栄誉賞受賞
平成21年度外務大臣賞受賞(地雷廃絶活動に対して)

<主な社会貢献活動>
1998年2月 箱根から東京の100キロ、長野オリンピック参加の約70カ国の大使館を走破。沿道の人々や大使に、地雷廃絶の啓蒙を、地雷で片足・片手を失ったクリス・ムーン氏と行う。

  • オタワ条約により、日本の持つ地雷を廃棄する工場建設が行われた比叡山でクリス・ムーン氏と再び70kmを走りその意義を訴える。
  • 谷川真理ハーフマラソン大会を開催し「地雷ではなく花をください」をテーマに地雷廃絶基金2,200万難民を助ける会へ寄付。
  • 2002年1月ハイテクスポーツ塾開設
  • 2002年 地雷の視察パキスタンへ
  • 2007年 地雷の視察スーダンへ
  • 2008年 地雷の被害にあった子供達へのランニング指導でカンボジアへ
  • 2009年 地雷廃絶国際会議スピーチ(コロンビア)「難民を助ける会」に協力、チャリティー活動展開中

<肩書き>
・ブルーシー・アンドグリーンランド財団 評議委員
・NPO法人 難民を助ける会理事
・B&G財団評議員
・スポーツ振興投票助成審議委員
・日本体育協会 スポーツマスターズシンボルメンバー
・流通経済大学客員教授
・江戸開府400年記念事業実行委員
・財団法人 東京都公園協会理事
・TBS ラジオ番組審議会委員
・グリーンリボンキャンペーンメッセンジャー
・はちみつマイスター

主な講演のテーマ

1. 忍耐は苦しいけれどもその実は甘い
2. 谷川真理流健康ライフ 

■スポーツ教室 指導内容 
 体操・ストレッチ・走り方の実技指導

カテゴリー

企業向け
教育・学校・PTA
健康・食育・美容・メンタル
スポーツ

あなたにオススメの講師

Page Top