林 昌範

はやし まさのり
林 昌範

肩書き
元プロ野球選手
船橋中央自動車学校営業部長
出身・ゆかりの地
千葉県

この講師のここがおすすめ

読売ジャイアンツや、日本ハム、横浜DeNAで活躍した、林昌範さん。
講演では、マネジメントや目標達成術など、常勝軍団 読売ジャイアンツが勝てる秘訣についてお話いただけます。一流選手の一流たるゆえんは、ビジネスシーンでも応用できる内容が満載です!

プロフィール

1983年9月19日、千葉県船橋市生まれの35歳。市立船橋高から01年ドラフト7巡目で巨人に入団。03年8月14日の中日戦でプロ初勝利をマーク。05年から救援に配置転換され、06年に自身最多の62試合に登板するなど主に救援で活躍した。08年オフにトレードで日本ハムへ移籍し、09年に46試合登板とセットアッパーでリーグ優勝に貢献。11年限りで退団し、12年からDeNAに加入。14年に全球団勝利を達成した。2017年限りで現役引退。現在は地元・千葉の船橋中央自動車学校で営業部長として勤務する傍ら、プロ野球解説者としても活動している。

 略歴 
1983年   8月6日、千葉県船橋市生まれ。小学2年から野球を始める。
1999年   船橋市立船橋高校に入学。2年時から大型左腕でスカウトの注目集める
2001年   読売ジャイアンツにドラフト7位で入団。
2003年   8月14日の中日戦でプロ初勝利をマーク。
2005年  救援に転向し、シーズン中盤には抑えに。2勝18セーブ、防御率1.61の好成績を残す。
2006年   自己最多の62試合登板で4勝20ホールドと奮闘する
2007年   オールスターに初出場
2009年   北海道日本ハムファイターズにトレード移籍し、リーグ優勝に貢献。
2012年   横浜DeNAベイスターズに移籍。
2014年   6月21日の西武戦で全球団勝利を達成。
2017年   現役引退
2018年   家業の船橋中央自動車学校で営業部長に。野球解説者で活動も開始。

 通産成績  
421試合登板 22勝26敗22セーブ99ホールド 防御率3.49

 受賞歴  
オールスター出場1回(07年)
全球団勝利(14年6月21日の西武戦)

主な講演のテーマ

1. エリートに負けない思考法
ドラフト7位と下位指名で常勝軍団の巨人に入団。工藤公康投手、桑田真澄投手、上原浩治投手…2年目の春季キャンプのブルペンで超一流投手たちの投球を見て自信喪失しました。ある球団関係者からは「辞めても家業の教習所を継げるからいいよな」と声を掛けられました。そんな私が選手層の日本一厚い球団でなぜ1軍の戦力になれたのか。その秘訣は恩師の助言で自分の武器を磨き続けた心の強さだったと思います。

2. ストレスを乗り越える心の整え方
プロ野球人生の大半の期間、救援が仕事場でした。いつ登板するかわからず、絶体絶命のピンチでマウンドに上がって抑えたこともあれば、手痛い痛打を浴びて敗戦も経験しました。たった1球の失投で黒星を喫したショックは大きいです。でも、また次の日に試合があるために気持ちを切り替えなければいけません。タフな役割でストレスとどう向き合ったのか。救援で投げ続けられた一因に、巨人で女房役だった阿部慎之助さん、日本ハム時代に同僚だった稲葉篤紀さんの金言がありました。皆さんも様々な重圧を抱えながら生活していると思います。私の講演でストレスを乗り越える参考になればこの上ない喜びです。

3. 新たな環境で適応するために必要なこととは
現役時代は巨人、日本ハム、DeNAと3球団を渡り歩き、現在はセカンドキャリアで船橋中央自動車学校に勤めています。巨人から日本ハムに移籍した際は、救援の柱として期待された重圧に押しつぶれそうになりました。優勝から長く遠ざかっているDeNAでは勝利やチームワークの重要性を伝えるために若手にどのように助言するのか頭を悩ませました。いきついたのは「感謝と謙虚な心」でした。年齢関係なく、周囲に感謝の気持ちを持つことで自分も多くのことを学べます。過去の思い出を美化し、現状の環境に不満を抱く姿勢では成長しません。謙虚な心はセカンドキャリアにも生きています。教習所では教官に敬意を払って1対1のコミュニケーションを重視することを心がけ、自分から積極的に話しかけています。私は1日、1週間、1か月、1年と目標を作って挑戦することを心がけています。成功体験だけでなく、失敗から学んだ私の経験談をお伝えします。

カテゴリー

企業向け
スポーツ

ギャラリー

あなたにオススメの講師

Page Top