清水 健

しみず けん
清水 健

肩書き
フリーアナウンサー
一般社団法人清水健基金 代表理事
出身・ゆかりの地
大阪府

この講師のここがおすすめ

元読売テレビアナウンサーで、29歳という若さで亡くなった奥様の闘病生活を綴った「112日間のママ」の著者である清水健さん。2016年にはがん撲滅や難病対策のための「一般社団法人清水健基金」を設立。現在はアナウンサーを退職し、子育てをしながら全国各地で講演会を行っています。
講演会は毎回大盛況で、老若男女問わずたくさんの方が清水さんの話に聞き入り、中には涙を流される方も多く見られます。いのちの大切さや、家族や友達、大切な人と時間を共にできる幸せ…そんなことを気付かせてくれるお話しをぜひお聴きください。

>講演レポートはこちら

プロフィール

1976年大阪府生まれ。
2001年、読売テレビ放送株式会社入社。人気番組を担当し、「シミケン」の愛称で親しまれる。
2009年から夕方の報道番組を担当し、2011年からメインキャスターを務め関西の顔になる。
2013年、結婚。翌年、長男が誕生。3か月後、乳がんのため妻・奈緒さん逝去(享年29
2016年、一般社団法人清水健基金を設立。がん撲滅、難病対策、入院施設の充実などに取り組む団体や個人の事業へ支援活動を行う。
2017年、読売テレビ放送株式会社退社

現在は、フリーアナウンサーとして、各種司会、メディア出演、執筆、連載活動、そして、年間多くの講演会活動を行っている。
講演会では、自身の経験をもとに「大切な人の“想い”とともに」を主なテーマに“伝える”を続け、その数は300回を超えている。2017年にはアメリカ・ニューヨークで初めての海外講演会も実施。依頼は、自治体、教育機関、医療関係、企業と日本全国からあり教育講演会、人権講演会、医療講演会、がん講演会など幅広い。企業における、ワークライフバランス、子育て支援、また、健康経営問題などにも積極的に取り組んでいる。

主な講演のテーマ

『大切な人の「想い」とともに』

カテゴリー

人権啓発
ビジネス
福祉・高齢・介護・医療
健康・食育・美容・メンタル
芸能人・文化人
イベント・音楽・芸能

著作紹介

  • 『112日間のママ』

    出版社 ‏ : ‎ 小学館
  • 『笑顔のママと僕と息子と973日間』

    出版社 ‏ : ‎ 小学館

聴講者の声

  • 清水さんの話を聞いて、改めて今を大切に生きること、自分の人生をよりよくするためにできることを伝えていくことが必要だと感じました。ありがとうございました。
  • 清水健さんの話はずっと涙がとまりませんでした。元気をもらったような気がします。これからも子どもたちにやさしく接したいと思いました。
  • 清水健さんのお話は、本当に心に響きました。先生方は子どもたちのヒーローです。その言葉に救われました。涙が止まりませんでした。そう感じてくれてる人がひとりでもいるなら、自分のやれる精一杯を子どもたちに注ごうと思いました。
  • 清水健さんの講演、とても感動しました。養護教諭という仕事に対してだけではなく、プライベートでも大切なことをたくさん教えてもらいました。これからも生徒たち1人1人へ寄り添って関わっていこうと思いました。とてもよい講演が聴けてよかったです。
  • 今まできいた中で一番よかったと思える講演内容でした。自分もがんで親を亡くしたので、元気ももらいました。子どもたちに寄り添うことの大切さ、言葉の力など、いろんなことを気づかせてもらえた時間でした。私も清水さんみたいに、子どもたちや職員のみなさんと一緒にがんばろうと思える存在になりたいなと心から思えました。
  • 今日は貴重なお話を笑いあり、涙ありで楽しく聞かせていただき、本当に良かったです。
  • 清水さんのおはなしは、疾患を抱える大事な人への寄り添い方を考える機会となった。清水さんの奥さんへのお気持ちが、ずっしりと伝わり、気持ちが辛くなるほどでした。

あなたにオススメの講師

Page Top