清水 展人

しみず ひろと
清水 展人

肩書き
一般社団法人日本LGBT協会 代表理事
作業療法士
絵本セラピスト協会 大人に絵本ひろめ隊員
メンタルセラピスト
出身・ゆかりの地
兵庫県

この講師のここがおすすめ

一般社団法人日本LGBT協会 代表理事として「社会でともに暮らす全ての人にとっての悩みの解消や勇気となる」ことを目指している清水展人さん。
清水さんの講演では、性別違和を乗り越え、自分らしく生きられるようになるまでの感動の軌跡についてお話いただけます。
性同一性障害の当事者やご家族の気持ちを理解する助けとなるだけでなく、人は自分に合う生き方をしていいんだと言う、大切なことを教えてもらうことができるお話です!

プロフィール

1985年、兵庫県神戸市に長女として誕生。
幼いころから性別に違和感があり、高校時代まで誰にも相談することができず、一人悩みを抱えたまま過ごす。18歳の時に、教員をしていた父、保育士をしていた母にカミングアウト。その後、病院にてGD:性別違和(性同一性障害)と診断を受ける。

自分自陣を受け入れること、他人に心を開くこと、親との葛藤など社会で自分らしく生きていくことにもがき苦しみ、社会に居場所を失う。21歳の時に、海外で性別適合手術を受け、帰国後、裁判所にて氏名・性別の戸籍変更を終え、男性として生きはじめる。2012年結婚。
性的マイノリティの当事者や家族、社会でともに暮らす全ての人にとっての悩みの解消や勇気となるよう、2013年にNPO法人Japan GID Friends、2016年に一般社団法人日本LGBT協会を設立。行政機関と連携しながら、全国各地の学校での特別授業や企業・教職員・PTAへの講演会や研修など幅広く活動している。また、当事者であることや精神科病院での臨床経験を活かし、LGBT電話相談・面談において専門相談員として相談を受けている。

<資格>
中学校二種教育職員免許
国家資格 作業療法士(身体障害領域・精神科領域臨床経験あり)

<主なメディア出演>
TV

NHK「サキドリ!」「おはよう関西」「おはよう徳島」、ABC「キャスト」
日本テレビ「news every」、毎日放送「VOICE」、サンテレビ「NEWS PORT」特集 他多数

新聞
毎日新聞、読売新聞、東京新聞、中日新聞、中国新聞、神戸新聞朝日新聞、公明新聞、日刊サン(Los Angeles)、山陽新聞、東日新聞、琉球新聞、宮古毎日新聞、宮古新報、政経伝論、徳島新聞、東愛知新聞、静岡新聞 、山梨日日新聞  他多数

 

主な講演のテーマ

1. 性の多様性について
2. 自分らしく生きる
3. 明日を拓く

カテゴリー

官公庁向け

著作紹介

  • 『自分らしく生きる―性別違和を乗り越えて』

    出版社 : 星雲社
  • 『アメリカ・ロサンゼルスにおけるLGBT支援の現場 日本LGBT協会ブックレット』

    出版社: 総合教育出版

聴講者の声

  • 大変有意義なお話を聞かせていただきました。考えていた以上にLGBTの方の生きづらさ、自殺など、相当苦しんでおられたことを知りました。この様なお話は文字やテレビの画面からは伝わらないと思います。当事者の方から直接すべてを聞いてLGBTに対する思いが変わりました。人を外見や、イメージ、うわさなどで判断せず、その人そのものを理解し認めるということはLGBTに限らずすべての人に当てはまることだと思いました。そういう考えを持つことでLGBTだけでなく、すべての人権を守ることに繋がるとおもいます。
  • 性的マイノリティのことがよくわかり、自分の中では偏見がなくなったように感じました。差別解消の第一歩は、正しい知識を得ることだと思います。当事者の多くが自殺を考えると言うことは、重く受け止めなければ。学校・地域・家庭でそれを救えるような集団をつくって行かなければと思いました。
  • 貴重なお話を聞き、当事者としての苦しさや辛さがダイレクトに伝わってきました。今まで自分が性別に関する発言で配慮があったかどうか考えたが、ぱっとも浮かばなかった。それは普段から、自分が性について考えながら過ごしていないからだと思う。私の何気ない発言や、よかれと思って助言したこともが、真にその人の心を尊重することができなければ苦しめることがあること、いつも念頭に置いておこうと思います。決めつけえず、一緒に考える姿勢、よりそう心で接し、「男らしく」「女らしく」と何気なく発した言葉で人を傷つけないようにしたいです。今後の発言や行動を考えるとてもよいきっかけ、経験になった。性だけではなく、多様性を受け入れることが大切ですね。
  • 全くと言っていいほどLGBTについて知識がなかったのですが、今日清水さんのお話を聞かせていただきとても勉強になりました。大変な思いをされて現在の自分を確立されているのだと思います。自分らしい生き方はすべての人間に平等に与えられていると思いました。自分らしく生きることは素敵です。
  • 自分らしく自分に正直に生きる生き方ということに共感を受けます。誰もが安心して生活できる社会が実現できるように考えていきたいと思いました。現代社会では幼い頃から「自分らしく」と教育を受けているので、男の子だから、女の子だからと思っている子どもは少なくなってきていると思います。しかしそういう中でも悩んでいる子(制服など)、存在すると思うので、子どもの様子をよく見て気づいていけたらいいと思います。

>教職員向け講演の感想
>生徒向け講演の感想

あなたにオススメの講師

Page Top