白井 智子

しらい ともこ
白井 智子

肩書き
特定非営利活動法人新公益連盟代表理事
Sustainable Innovation Lab共同代表
経済産業省産業構造審議会教育イノベーション小委員会委員
内閣府休眠預金等活用会議委員
文部科学省フリースクール等検討会議委員 等
出身・ゆかりの地
千葉県

この講師のここがおすすめ

不登校・いじめ・ひきこもり・非行など、様々な問題を抱えた子どものための学校「スマイルファクトリー」の代表・白井智子さん。講演では、その立ち上げや不登校、ひきこもり、発達障害を持つ子どもとの接し方などについてお話いただけます。「何のために教育するのか?」「学校教育において最も重視すべき価値は何か?」教育や子育てのあり方について考えることができるお話です。

プロフィール

1972年千葉県生まれ。4 8歳を豪・シドニーで過ごす。東京大学法学部卒業後、松下政経塾に入塾。1999年沖縄のフリースクール設立に参加、校長をつとめる。
大阪移住後、NPO法人トイボックスを立ち上げ、大阪府池田市と連携して不登校の子どもたちのための全国初の公設民営フリースクール「スマイルファクトリー」を設立。東日本大震災後には福島県南相馬市に「みなみそうまラーニングセンター 」「はらまちにこにこ保育園」等を立ち上げた。
2020年、NPO等社会的企業100団体あまりが加盟する新公益連盟の代表に就任。
日経ビジネス「次代を創る100人」AERA「日本を突破する100人」等に選出。

 講演実績 
◇早稲田大学「大隈塾」ゲスト講師(2021.1,2022.1)
◇朝日地球会議「教育とケアから考える『利他』」福岡伸一×伊藤亜紗×白井智子
◇大阪関西万博「TEAM EXPO2025」プログラム Sustainable Innovation Lab​ キックオフイベント​登壇(2021.3)
G1サミット登壇 (2021.3)
◇池田市「未来を語るサロン」特別講演(2020.11)
◇リディフェス2020登壇(2020.9)
◇パナソニック株式会社 Game Changer Catapult主催オンライン講演会(2020.9)
◇ファンドレイジング日本2020 オープニングセッション(2020.9)  他多数

主な講演のテーマ

1. 誰もとりこぼさない教育を目指して~不登校・ひきこもり・発達障害の子どもの支援を通じて~
国による不登校の子どもたちの支援がほとんど無かった20年前、沖縄に不登校の子どもたちが通うフリースクールを立ち上げました。以来、何千人もの子どもたちが元気と自信を取り戻し、社会で活躍しています。3年前には初めて国による不登校の子どもを支援する法律が制定され、そのモデルの一つになったと言われている経験談を、子どもや親のリアルな声をまじえて語ります。

2. 全ての子どもの自己実現を目指した開発的な生徒指導
子どもに関わる先生や指導者のニーズに合った講演、ワークショップを行います。不登校、ひきこもり、発達障害を持つ子どもと、ファーストコンタクトをどのようにとるか、というところから始まり、環境設定の仕方、配慮すること、保護者との関わり方など、実体験に基づいたお話をします。同内容でアクティブラーニングを取り入れたワークショップの実施も可能です。

3. 災害時における子どもたちの支援について
東日本大震災と原発事故の発災直後に福島県南相馬市に入って発達障害を持つ子どもたちの支援を開始し、「みなみそうまラーニングセンター」「原町にこにこ保育園」を立ち上げて現在も運営している経験から、災害時に子どもや親に対してどのような支援ができるか、配慮すべきこと、また子どもたちを守る環境づくりのためにNPOとして行政や企業とどう連携してきたか、を語ります。福島県の今の状況も、リアルタイムでお伝えします。

4. 社会貢献活動と資金調達 ~行政や企業との協働を通して~
国による不登校の子どもたちの支援がほとんど無かった時代にフリースクールを立ち上げ、市と協働して市民であれば無料で利用システムをつくり、また国の予算を活用できるようになった。
「すきま産業」が「トップランナー」となるまでのプロセスを語ります。福島県南相馬市で国内外から累計約3億円の寄付を集めて「みなみそうまラーニングセンター」を立ち上げ、それを行政と協働して持続可能な施設に発展させた経験談も。

カテゴリー

人権啓発
ビジネス
教育・学校・PTA
環境・防犯・防災・消費生活

講師紹介動画

あなたにオススメの講師

Page Top