谷 五郎

たに ごろう
谷 五郎

肩書き
ラジオ・パーソナリティー
出身・ゆかりの地
兵庫県

この講師のここがおすすめ

ラジオパーソナリティ-の谷五郎さんの講演では、自身の兵庫県宍粟市山崎町の「田舎暮らし」の体験を語ります。また、東日本大震災の被災地を取材して、ふるさとに対する被災者の思いなどを語り、ふるさとについて考える講演のほか家族・子育ての講演が好評です。

プロフィール

神戸大学農学部卒。
高砂市農協(現JA兵庫南))を経て、1991年パーソナリティに転職。
ラジオ関西、山陽放送、ABC TV、サンTVなどで、番組担当、レギュラー出演し、 阪神淡路大震災時には地震発生直後からラジオでしゃべり続ける。
その体験をもとにTV朝日「朝まで生テレビ」にも出演。
現在、ラジオを中心に様々な活動を行なっている。
また、自らの実体験に基づいた子育てや家族、人生、夢の実現など現代社会の問題をテーマにした講演やフォーラムでも活躍中。
著書にエッセイ「谷五郎の笑(Show)タイム」がある。
現在、ラジオ関西「谷五郎の こころにきくラジオ」等を担当。

主な講演のテーマ

1.「ふるさとに生きる」
最近は「田舎暮らし」ブームです。谷五郎が実際に、兵庫県宍粟市山崎町で体験した「田舎暮らし」をもとに、その体験を語ります。また、東日本大震災の被災地を取材して、ふるさとに対する被災者の思いなどを語り、ふるさとについて考えます。

2.「僕のおもしろ子育て」
今ほど子育てが難しい時代は無いのかも知れません。時代の変化の中で、どんな子育てをすればよいのか。誰にアドバイスをもらえばよいのか。そんな親たちに谷五郎が3人の子育てを通じて感じたこと、失敗したこと、また、番組でカウンセラーなどから聞いたプロのアドバイスを交えながら、とにかくおもしろおかしく「子育て」を語ります。小さな子供から思春期の子供たち、そして、子育てに奮闘しているお父さん、お母さんに是非聞いていただきたいです。

3.「家族ってなんだ」
核家族化が進み、生活は楽しくなるはずだった。・・・が、その家族という関係が崩壊の危機に面しています。社会生活の原点になるのが家族。その家族の力がだんだんと弱くなってきているのではないでしょうか。家族のあり方について、谷五郎が悩んだこと、失敗談、その体験を通じて感じたことを踏まえて、家族のあり方について新しい提案をしていきます。父親、母親、そして家族の役割について、参加者の皆様と同じ目線になって考えていきます。

4.「僕のおもしろ人生」
中学・高校時代はプロレス一筋。大学に入って初めてブルーグラスという音楽に出会い、その人生が大きく左右されました。就職試験に失敗し、途方にくれる中、農協に拾ってもらい、その間、自分の好きな音楽の月刊誌の編集長も経験しました。そして、38歳でラジオ・パーソナリティに転職するも、新番組がスタートする直前に父が死んでしまうというと波乱万丈の人生。そんな人生を谷五郎独特のユーモアをたっぷりと交えながらしゃべります。どなたに聞いていただいても、とにかく楽しめる講演会です。

5.「夢は実現する」
自分で自分の可能性を狭めてしまっていませんか。常に夢や目標を持ち、それに向けて精一杯の努力を続けることが大切だと思います。谷五郎自身が歩んできた人生の中で、常に夢を持ち続け、音楽やラジオでしゃべるという「夢」をどうやって実現したのか。また、どうすれば実現できるのかということについて語ります。将来に不安を持ち、先行きが見えない社会で生きてゆく、これからの若者たちを応援する内容です。

6.「笑って、長生きせなソンよ!」
世界一の長寿大国ニッポン。元気で長生きすることは誰もの思いです。ところが谷五郎、初めて受けた人間ドックで生活習慣病を宣言されてしまいます。しかし、そこから見事に復活。ウォーキングを始め、8キロのダイエットに成功し、230あった血糖値も正常値まで回復。禁煙にも成功しました。歩く楽しさや、ダイエットのコツ、健康であることの大切さなどを楽しく語ります。なかなかダイエットできない、禁煙したいとお悩みの方、谷五郎にお任せ下さい。

カテゴリー

官公庁向け
教育・学校・PTA
福祉・高齢・介護・医療
健康・食育・美容・メンタル
文化・生涯・国際・異文化交流
芸能人・文化人

あなたにオススメの講師

Page Top