植田 辰哉

うえた たつや
植田 辰哉

肩書き
元男子バレーボール日本代表監督
日本バレーボール協会シニアディレクター(強化委員長)
大阪商業大学教授
出身・ゆかりの地
香川県

この講師のここがおすすめ

低迷していた全日本男子バレーボールチームを、16年ぶりにオリンピックへ導くという驚異のV字回復を成し遂げた植田辰哉さん。講演では、緻密な戦略と実践的リーダーシップが隠された、そのノウハウを徹底的にお話いただけます。組織マネジメントやコーチングを模索する、すべてのリーダー必読の一書。

プロフィール

大学卒業後、新日本製鐵(現、堺ブレイザーズ)に入社。日本リーグ(現、Vリーグ)ではセンタープレイヤーとして、新人賞、ベスト6(5年連続)、ブロック賞、スパイク賞など数々のタイトルを獲得。日本代表としても活躍し、1992年のバルセロナオリンピックには主将として出場。6位入賞に大きく貢献した。
現役引退後は、新日鐵、日本代表ジュニアチームの監督を歴任し、2005年に日本代表監督に就任。オリンピック出場を果たすため、非常に厳しい指導を続け、低迷を続けていた日本代表をフィジカル面、メンタル面ともに鍛え上げ、戦う集団へと変えていった。

2008年、北京オリンピック世界最終予選を見事に突破。自身が出場したバルセロナ以来、16年ぶりに日本代表をオリンピック出場を勝ち取った。出場権を獲得した瞬間には、コートに倒れこみ、男泣きした姿は日本中に大きな感動を与えた。
熱血指導の一方では、目標を達成するための緻密な計画も立てるなど、卓越した組織マネジメント力を持ち、企業からの講演依頼も多数寄せられる。
現在は、日本バレーボール協会発掘育成委員会委員、大阪商業大学教授。

 受賞歴 
日本リーグ新人賞
日本リーグベスト6
日本リーグブロック賞
日本リーグスパイク賞
Vリーグ栄誉賞

 監督歴 
1999~2002年 新日鐵(現・堺ブレイザーズ)
2003~2004年 ジュニア男子日本代表
2005~2013年 全日本男子代表 ※2004年に暫定監督就任

主な講演のテーマ

『自分で限界を決めるな~夢は必ずかなう~』

情熱と緻密な計画で、日本代表チームを「オリンピック出場」へ牽引したリーダーシップ、組織マネジメント、組織を起用化するためのコミュニケーション力、目標設定の重要性、モチベーションアップに必要なこと、などについて語る。

カテゴリー

企業向け
教育・学校・PTA
スポーツ

著作紹介

  • 『植田辰哉 徹底マネジメント』

    出版社: 総合法令出版

あなたにオススメの講師

Page Top