八重樫 東

やえがし あきら
八重樫 東

肩書き
第21代IBF世界ライトフライ級チャンピオン
第40代WBC世界フライ級チャンピオン
第20代WBA世界ミニマム級チャンピオン
出身・ゆかりの地
岩手県

この講師のここがおすすめ

世界3階級制覇という偉業を成し遂げた、八重樫東さん。
泥臭く戦うスタイルとは裏腹に性格は謙虚。自分自身を冷静に分析し、弱さを受け入れることでつかんだ世界の頂点。講演では、八重樫流セルフマネジメントを自身の体験を交えて語ります。

プロフィール

1983年生まれ、岩手県出身。
その泥臭くアグレッシブなスタイルと、「謙虚過ぎる」姿勢が海外のメディアから評価される。またアルバイトをしながら世界チャンピオンへと這い上がった生き様や、チャンピオンになってからも世界最強の相手から逃げずに挑戦を受けるそのスタイルは現役の選手やボクシング関係者から一目置かれる存在。講演では八重樫氏のボクシング人生から得た、モチベーション維持やチャレンジ精神、優勝までのセルフマネジメントなどをテーマとしている。

 略歴 
2000年  インターハイでモスキート級優勝
2002年  国体でライトフライ級優勝
2005年  大橋ジムからプロデビュー
2011年  2度目の挑戦でWBA世界ミニマム級チャンピオン
2013年  WBC世界フライ級チャンピオン
2014年  WBC世界ライトフライ級チャンピオン。
2015年  IBF世界ライトフライ級チャンピオン。

<戦歴>
32 戦 26 勝 ( 14 KO ) 6 敗
アマチュア戦績 70戦56勝14敗
インターハイ・国体チャンピオン

主な講演のテーマ

1.我、弱き者ゆえに ~弱者による勝利のマネジメント術~
アルバイトをしながら練習に励み、ついに勝ち取った世界の頂点。
自分が弱いことを自覚していたからこそ見えてくる「勝利への道筋」
ボクサーには珍しく、謙虚なのも自分のレベル、自分の能力を正確に把握し受け入れているから。セルフマネジメントはまず自分を正しく理解することから始まる。
弱者が勝利を掴み取るまでのマネジメント術を、自己体験を交えて語る。

2.弱い僕が世界チャンピオンに這い上がるまで ~泥臭く、謙虚に~
3.逃げない、投げない、あきらめない
4.子育て 昭和の教育論

カテゴリー

企業向け
教育・学校・PTA
文化・生涯・国際・異文化交流
スポーツ

著作紹介

  • 『我、弱き者ゆえに 弱者による勝利のマネジメント術』

    出版社: 東邦出版

あなたにオススメの講師

Page Top