安田 正

やすだ ただし
安田 正

肩書き
㈱パンネーションズ・コンサルティング・グループ代表取締役
早稲田大学理工学術院非常勤講師
一般社団法人コミュニケーション・マイスター協会 代表理事
出身・ゆかりの地
宮城県

この講師のここがおすすめ

「仕事も人間関係も、すべてはコミュニケーションから始まるのに、「雑談」を大事にしている人が少ない。これは、とてももったいないことだと思う」と語る安田正さん。
様々な場面のコミュニケーションについて教える安田さんの講演は、情報の濃さが違います。
無自覚でやっていた話し方や聞き方のクセを指摘されて思わずハッとし、では「どう改善すべきか」が学べる。人と会う、話す機会が多い方、人間関係で悩まれている方にはぜひおすすめしたい講演です。

プロフィール

1953年、宮城県に生まれ。
幼い頃は「超恥ずかしがりや」で今の姿からは想像できない程おとなしく、素朴な少年時代を送っていた。高校時代も平凡な田舎の高校生。そんな人生が変わったのは、23歳の英国留学。英語ができるのに「話が通じない」という場面に何度も出くわし、「コミュニケーション力」という英語力とは違う能力を発見、そして開花。 神奈川大学卒業後、小さな英会話学校で営業として「コミュニケーション力」を磨き、その後、兼松パーソナンル・サービス国際文化事業部部長として研修を売りまくる。 1990年、法人向け研修会社、株式会社パンネーションズ・コンサルティング・グループ を設立。設立当時のクライアントはたったの2社。年収も80万円だった。そんな、小さな会社が、今では大手企業を中心に約1500社、55万人が受講。そこまで、成長できたのもひとえに「コミュニケーション力」を磨き続けたから。起業以来、研修講師としても活躍し、ときに一日1200万円の研修を行ったことも。現在は企業研修以外にも東京大学、早稲田大学、京都大学、一橋大学、お茶の水女子大などでも教鞭をとる。一般社団法人コミュニケーション・マイスター協会 代表理事・早稲田大学理工学術院非常勤講師。 そして、このユニークな「コミュニケーションのメソッド」についての著作も多数。NHK クローズアップ現代「どこまで必要 日本人の英語力」や雑誌「日経ウーマン」「日経アソシエ」「日経キャリアマガジン」「R25」でも取り上げられた。

<主なメディア出演>
NHK「クローズアップ現代」、TOKYO MX「モーニングCROSS」、TX「モーニングサテライト」
BS11「すずらん本屋堂」、BS日テレ「久米書店」

<主な著書>
超一流の雑談力(文響社)
ロジカル・コミュニケーション(日本実業出版社)
言いたいことが確実に伝わる17秒会話術(明日香出版社)
他多数

主な講演のテーマ

1. 会話のうまさが人生を決める
2. 超一流の雑談力
3. 伝え上手になるスキル

カテゴリー

企業向け

著作紹介

  • 『超一流の雑談力』

    出版社: 文響社
  • 『ロジカル・コミュニケーション』

    出版社: 日本実業出版社
  • 『何でもわかりやすくする技術、伝える技術』

    出版社: クロスメディア・パブリッシング

あなたにオススメの講師

Page Top