米津 さち子

よねづ さちこ
米津 さち子

肩書き
ユーモアセラピスト・メイクセラピスト
出身・ゆかりの地
愛知県

この講師のここがおすすめ

”平成の女きみまろ”として中高年以上の女性や高齢者に絶大な支持のある、米津さち子さん。
笑いの効果や重要性をもとに考案した、言葉遊びや寸劇を取り入れた参加型の「ユーモアセラピー」で笑いの効果をより実感できます。笑いは百薬の長!気持ちも体も元気にする、副作用なしの講演会を体感してください。「気分をリフレッシュしたい!」「もっと笑顔あふれる人生を送りたい!」そんな方にオススメの講師です。

プロフィール

キャッチフレーズは、「平成の女きみまろ」または「名古屋の上沼恵美子」。

1968年愛知県出身。
アパレル業界で10年間名物店長として勤務。持ち前のユーモアと話術で、常に売上上位をキープするも、2001年9月、突然のパニック障害に襲われ、治療と療養を兼ねて、天職であったアパレル会社での仕事を退職。その後、心療内科から始まった心理カウンセリングによってメンタル面をサポートする、「メイクセラピー」と出逢い、メイクセラピストとしての活動を開始。さらに独自のユーモアを活かし、ユーモアセラピストとしての活動も開始する。 現在は病気も克服、笑顔のスペシャリストとして、全国各地の講演会で講演講師として活動中。会場に笑いと癒しを起こすトークは、特に、女性全般や中高年以上の男女から、絶大な支持がある。
2009年から現在に至るまで、これまでの活動が、NHKの報道番組、情報番組で紹介される。

<講演実績>
米津さち子氏 講演実績(※一部抜粋)

<主なメディア出演>
○テレビ
NHK名古屋
「情報フレッシュ さらさらサラダ」特集名【笑顔になる&笑顔にする!秘けつ教えて】
「ほっとイブニング」「おはよう東海」特集名【笑顔であなたを救いたい!】
「ほっとイブニング」「おはよう東海」特集名 【リハビリを華やかに】
MBC南日本放送局、ぎふチャン、ケーブルTV(名古屋市、岡崎市、豊田市、岐阜県)他
○ラジオ
れでぃおさんきぅ(尾張東部放送)、FMおかざきブレイクNOW 他
(新聞、雑誌、情報冊子取材)
岩手日報、山形新聞、岐阜新聞、高知新聞、中日新聞(岐阜版、西三河版、知多版)、三河新報、愛三時報、新三河タイムス ほか多数

主な講演のテーマ

1.”平成の女きみまろ”米津さち子の笑顔が増えるユーモアコミュニケーション
2.笑顏コミュニケーションで笑売繁盛
3.笑いは百薬の長 ~副作用なしのユーモアセラピー~
4.笑顔コミュニケーションで心もお顔もアンチエイジング
5.ユーモアセラピスト米津さち子のパニック障害 ~今だから笑って話せる、発症から克服までの体験談~

カテゴリー

官公庁向け
企業向け
福祉・高齢・介護・医療
健康・食育・美容・メンタル
文化・生涯・国際・異文化交流

著作紹介

  • 『ユーモアセラピスト米津さち子の笑う人には福来たる!』

    出版社: ギャラクシーブックス

聴講者の声

  • 笑いの大切さを再確認しました。笑って過ごしましょう。
  • うつの人が、ファッションショーで元気になったところがよかった。
  • 笑顔の素晴らしさ必要性を感じました。
  • 話が散漫なところが少しあったが、でも最後はよかった。
  • 笑いから健康を引き出すことを笑いをとおして実感できました。
  • とても面白かった。為になる話が楽しく聞けた。
  • 認知症の方のお話には涙しました。いっぱい今日は笑わせてもらいました。
  • 笑うことが大切、しゃべること。写真を見せてもらい感激でした。
  • 事例がとてもわかりやすかった。
  • 本当に笑いました。内容が濃かった。泣き笑いもしました。
  • 会場の中の事や言葉も、平成の女きみまろさんが笑いに変えていたところがとても良かった。
  • お笑い作文ゲーム。、ウイスキーが楽しかった。
  • 笑いがポジテイブというところが良かった。
  • 実践的な話が多く、現場を理解することができた。
  • 話の節々でよく笑うことができ、気持ちがスカッとした。
  • 間の取り方がうまい。それが笑いにつながった。
  • 何日分かの笑いを今日まとめて笑ったこと。
  • サロンで言葉ゲームをしたいと思った。
  • 楽しいユーモアとしぐさで良かったです。
  • 自分自身のことが少しわかった。
  • 認知症のファッションショー写真付が楽しかったです。人って尊いですね。
  • 笑顔になることが大事。笑ったら幸福になる。
  • 笑いがいかに良いかが分かりました。

あなたにオススメの講師

Page Top