吉川 美代子

よしかわ みよこ
吉川 美代子

肩書き
キャスター/アナウンサー
出身・ゆかりの地
神奈川県

この講師のここがおすすめ

「ニュースの森」「CBSドキュメント」などの報道番組でキャスター、司会を担当された吉川美代子さんは、2014年、TBSを定年退職後、テレビ、ラジオ、講演など多方面で活躍。
講演テーマ「女性が働くということ」「リーダーシップと声の力」「愛される話し方」等

プロフィール

1954年 神奈川県生まれ。早稲田大学教育学部卒。
1977年TBSにアナウンサーとして入社。「ニュースコープ」「ニュースの森」「CBSドキュメント」など多数の報道番組でキャスター、司会を担当。またTBSアナウンススクール校長を12年間務め、後進の指導にあたった。
2014年5月にTBSを定年退職。
現在は、テレビ、ラジオ、講演など多方面で活動。趣味はジャズを歌うこと。ラッコをはじめ海洋生物に詳しい。

 主なメディア出演 
テレビ
1983年「JNNおはようニュース&スポーツ」キャスター(TBS初の女性キャスター)
1984年「JNNニュースコープ」キャスター
1990年「JNNニュースの森」(土、日)キャスター
2000年「CBSドキュメント」キャスター、「ウォッチ!」「ピンポン!」などでコメンテーター
2005年「みのもんたの朝ズバッ!」コメンテーター
フジテレビ「みんなのニュース」「ニュースな晩餐会」「ごきげんよう」
日本テレビ「行列のできる法律相談所」「人生が変わる一分間の深イイ話」「メレンゲの気持ち」
TBS「櫻井有吉アブナイ夜会」「マツコの知らない世界」「いっぷく!」
テレビ朝日「徹子の部屋」
テレビ東京「たけしのニッポンのミカタ!」 他

ラジオ
「こども音楽コンクール」「久米宏の土曜ワイドラジオTOKYO」「ラジオ・パープル」
「大沢悠里ののんびりワイド」「Dr.松永の聞こえるクリニック」
TBSラジオ「爆笑問題の日曜サンデー」 ほか

主な講演のテーマ

1.女性が働くということ
2.リーダーシップと声の力
3.愛される話し方
4.あなたもスピーチ上手になれる

カテゴリー

官公庁向け
企業向け
芸能人・文化人

著作紹介

  • 『ラッコのいる海―人間はいかに生態系を傷つけてきたか』

    出版社: 立風書房
  • 『アナウンサーが教える 愛される話し方』

    出版社: 朝日新聞出版
  • 『結婚式・二次会 女性のスピーチ』

    出版社: 日本文芸社

聴講者の声

  • 今ある当たり前と思われる環境の中に男女の差が存在している。そこから変えていくことが大切。男女平等は家庭の中からという考えには、大変共感しました。家庭、学校、職場、身近なところから変えていく、そんなふうに思えました。
  • 今日参加して本当によかったなと思いました。4月から社会人になるのですが、機会の平等が大切にされている社会にどんどんなっていってほしいです。女だからと悪い意味で言われることもないよう、自分自身の努力もしっかり行っていきながら、社会のために働きたいと思います。
  • 今、自分が働いているなかで、女性だから・・・とあきらめている部分もあったが、今日の話を聞いて、あきらめずに全力で取り組めば、道が少しは開けるようになると思えた。頑張って働こうと意欲がでてきた。
  • 吉川さんが夕方のニュースキャスターをされるようになったとき、私も同性としてとても誇らしく思ったことを覚えています。若い人に聞かせたい内容と思いました。組織の研修に値する内容だと思います。機会を与えるのは家庭が基本というメッセージ、参考になりました。
  • さすが聞きやすいトーンできれいなことばでの講演で感激いたしました。家庭から始まる“男女共同参画”、その通りだと思います。ご自分の経験から話されるお話で腑に落ちました。よい時間でした。
  • 男性がもっと多ければよかった。男性に聞いてほしい話であった。
  • 「結果の平等」でなくて「機会の平等」を、ということが大切であることを知る。
  • 吉川さんのお話の内容は、大変興味のある大事な内容で感激しました。お話がとてもすばらしかったのですが、それ以上におどろいたのは、吉川さんの言葉、発音がとてもきれいで、すべての言葉がとても判り易くて一言一言頭に入って来ました。これぞ日本を代表するアナウンサーだと改めて思え、講演に参加させてもらい、大変良い体験でした。

あなたにオススメの講師

Page Top