相原 正道

あいはら まさみち
相原 正道

肩書き
大阪経済大学人間学部准教授
出身・ゆかりの地
東京都

この講師のここがおすすめ

2016年と2020年の2度、オリンピック招致活動を経験した日本唯一の研究者である、相原正道さん。
スポーツをめぐる幅広いテーマを論じ、これまでとこれから、スポーツの光と影に、鋭く切り込み、現代スポーツにおける諸問題を分かりやすく熱く語ります!

プロフィール

大阪経済大学人間科学部准教授。
1971年東京生まれ。2006年筑波大学大学院スポーツ健康システム・マネジメント専攻修了。
2006年 東京ヤクルトスワローズ F(古田敦也選手兼任監督)-PROJECTメンバー 、2007年 東京オリンピック・パラリンピック招致委員会事業部門マネージャー等を経て、2012年 福山大学経済学部准教授、2015年より大阪経済大学人間科学部准教授に就任。
これまで日本トップリーグ連携機構「トップレベルスポーツクラブマネジメント強化プロジェクト」メンバー、文部科学省委託事業「スポーツの環境の整備に関する調査研究事業」プロジェクトメンバー、環境省委託事業「熱中症予防声かけプロジェクト実行委員会」委員、農林水産省「特定農林水産物に付される登録標章策定検討委員会」委員、日本バレーボールリーグ機構「バレーボール国内50周年事業」総合プロデューサー、日本スポーツGOMI拾い連盟理事、大阪府市都市魅力戦略推進会議委員兼スポーツ部会長、大阪市スポーツ振興政策検討有識者会議委員等を歴任。
企業、行政、メディア等から多数の講演実績あり。

 主な著書
多角化視点で学ぶオリンピック・パラリンピック(晃洋書房)
現代スポーツのエッセンス(晃洋書房)
ロハスマーケティングのスゝメ(木楽舎)
携帯から金をつくる(ダイヤモンド社)

主な講演のテーマ

1. スポーツムーブメントにおける地域活性化戦略
2019年のラグビーワールドカップ、2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会、2021年の関西ワールドマスターズゲームズというゴールデンスポーツイヤーズが到来する。このスポーツにおける千載一遇の機会を最大限活用するため、スポーツ市場ではどのような地域活性化戦略を実践していくべきなのか。世界におけるスポーツ都市の先端事例を含めて紹介します。

2. 多角化視点で学ぶオリンピック・パラリンピック
政治・経済・文化・教育・都市政策・環境・映画、さらにはテロ・スポーツ賭博・贈収賄・反グローバリズム・ガバナンスまで多角的にオリンピック・パラリンピックを解説します。

カテゴリー

企業向け
教育・学校・PTA
政治・経済
文化・生涯・国際・異文化交流
スポーツ

あなたにオススメの講師

Page Top