朴 一

ぱく いる
朴 一

肩書き
大阪市立大学教授
出身・ゆかりの地
兵庫県

この講師のここがおすすめ

「そこまで言って委員会」にもよく出演されている在日韓国人3世の朴一氏は、大阪市立大学大学院経済学研究科教授。「外国籍住民の人権につて考える~心の壁、制度の壁は考えられるか~」「日本人と韓国人 「タテマエ」と「ホンネ」」などをテーマに講演活動も行う。

”ブログ”『大阪市内の高校にて、朴 一(パク・イル)さんの講演会を開催!』講演レポートはこちら

プロフィール

兵庫県生まれの在日韓国人3世。同志社大学卒業。
同大学院博士課程修了(商学博士)。
専攻はアジア経済論、コリア地域研究。
現在、大阪市立大学大学院経済学研究科教授。
大阪大学大学院公共政策研究科招聘教授。
大阪市、神戸市、堺市、伊丹市、尼崎市などで審議会委員として外国籍住民施策の策定に参加。国会参議院国際問題調査会参考人(2005年)。
現代韓国朝鮮学会理事。国際高麗学会日本支部直前会長。
在日韓人歴史資料館理事。

<主なメディア出演>
「関西情報ネットten」(読売テレビ)
「正義のミカタ」(朝日放送)
「そこまで言って委員会NP」(読売テレビ)
「情報ライブミヤネ屋」(読売テレビ)
「関西ラジオワイド」(NHK大阪)
「激論コロシアム」(テレビ愛知)ほか多数。
テレビ、ラジオ番組のコメンテーターとして活躍中。

<主な執筆>
朝日新聞全国版に「Eメール時評」(2001~2002年)
朝日新聞月刊誌『論座』に「アジア観察」(1998~2005年)
朝日新聞夕刊に「たまには手紙で」(2007年)をそれぞれ連載

<主な著書>
「越境する在日コリアン―日韓の狭間で生きる人々」(2014年)
「日本人と韓国人「タテマエ」と「ホンネ」」(2012年)
「僕たちのヒーローはみんな在日だった」(2011年)
「在日という生き方」(1999年) ほか多数

主な講演のテーマ

1. 僕たちのヒーローはみんな在日だった
2. 日本人と韓国人 「タテマエ」と「ホンネ」 -「韓流知日」を阻むもの-
3. 「在日コリアン」ってなんでんねん?
4. <在日>という生き方
5. 外国人から見た憲法について

カテゴリー

官公庁向け
政治・経済
文化・生涯・国際・異文化交流
芸能人・文化人

著作紹介

  • 『僕たちのヒーローはみんな在日だった』

    出版社: 講談社
  • 『「在日コリアン」ってなんでんねん?』

    出版社: 講談社
  • 『〈在日〉という生き方 差異と平等のジレンマ 』

    出版社: 講談社

聴講者の声

<高等学校での講演感想文>

  • 全校生徒の半分以上が韓国や朝鮮の人だとそれが普通と思っていたので、今日のようにわざわざ講師の方に来ていただいて、在日韓国人の歴史やいろんな想いを持っている人が居るんだということを説明していただくのがすごく新鮮でした。
  • 朴さんの話を聞いてすごく考えさせられました。私は差別は絶対に良くないし誰も得しないことだと思う。韓国人だからという理由だけで差別するのは一人の人としてどうかなと思う。私は一人ひとりが人種関係なく一人の人として見れたらいいなと思う。同じ人間なのに傷つけ合い争い合うというのは間違っている選択だと思う。もっと互いに分かり合い一人の人として見ていける社会になればいいなと考えている。朴さんの話は同じ韓国人として理解できたしもっと意見を日本中に伝えてほしい。日本からしか今まで視点がなかったので、次は韓国からの視点にも目を向け在日外国人の視野を広げたいと思った。
  • 朴さんの話を聞いて、在日韓国人を差別する人がそんなにもいるのか!と驚きました。私が想像している以上に朴さんのお話に出てくる人たちが在日韓国人に対して批判的でとてもかわいそうだなあと思ったし、本当の自分を隠して日本名を名乗りながら生きていくのは、本当に肩身がせまく苦しいものだろうなと思いました。
  • 朴さんのお話を聞いて、他の国々への理解を示してくれたらいいのになと思いました。国なんか関係なしに、すべての人間が安心して暮らせるような世界になっていってほしいです。
  • 私はこの講演会を聞いて、自分の人権の問題を抱える人への接し方を考え直しました。私が差別をしなくても、社会制度や他の対人関係で特有の困難に遭遇します。私はそのことを念頭において、どんな人に対しても、その人自身を見て、考えて判断使用と思います。
  • とても面白い講演でした。朴さんの実体験をもとに笑いもいれながら話されていたので聞きやすかったです。私自身も韓国、朝鮮人なので今までに何十回ほど在日に対する講演会に参加しましたが、今回の講演はどれとも違い新鮮で飽きることがなかったです。
  • 日本人として生きていく在日の人たちには、どうか自分たちのルーツだけは伝えていってほしいと思いました。
  • 朴先生のお話を聞いて在日韓国・朝鮮籍について初めてちゃんと知りました。初めて知った事実はもともと少し知っていたことよりもずっと大きな問題で、難しくて、なくすことはできないであろうことでした。
  • 今回話しを聞いて、現状を知れて良かったと思います。自分自身もルーツを持っているのに親は何も教えてくれなくて、でも自分から聞く勇気もなく、なんだかモヤモヤとした気持ち悪さがあったけど、ちゃんと話を聞いてみて、知って、知ったことについて考えてみたいと思いました。
  • 朴先生の言っていたように、自分にあったものを伸ばしていきたいと思います。

あなたにオススメの講師

Page Top