猪瀬 直樹

いのせ なおき
猪瀬 直樹

肩書き
作家
元東京都知事
出身・ゆかりの地
長野県

この講師のここがおすすめ

作家で元東京都知事の猪瀬直樹氏。
混迷している築地市場の豊洲市場移転問題と、東京五輪の費用負担問題についてお話いただけます。日本で、マスコミが報道しない裏側で、今何が起きているのか。これから何が起きようとしているのか。自らも都知事として関わられたからこそ知っている、問題の本質と裏話が満載の講演です!

プロフィール

1946年長野県生まれ。
1987年、『ミカドの肖像』で第18回大宅壮一ノンフィクション賞受賞。2002年、小泉首相より道路公団民営化委員に任命される。その戦いを描いた『道路の権力』(文春文庫)に続き『道路の決着』(文春文庫)が刊行された。2007年、東京都副知事に任命される。2012年から2013年、東京都知事に就任。2015年より一般財団法人・日本文明研究所所長を務め、現在は大阪府市特別顧問を務める。

<歴任>
道路関係四公団民営化推進委員会委員
政府税制調査会委員
日本文芸家協会理事
大宅壮―ノンフィクション賞選考委員
地方分権改革推進委員会委員
東京都知事、副知事
東京大学客員教授
地方分権改革推進委員会委員
東京工業大学特任教授
大阪府市特別顧問

<受賞暦>
1987年 代18回大宅壮-ノンフィクション賞  「ミカドの肖像」
1998年 文藝春秋読者賞  「日本国の研究」

<主な著書>
「ペルソナ 三島由紀夫伝」「ピカレスク 太宰治伝」(文春文庫)
「昭和16年夏の敗戦」「天皇の影法師」(中公文庫)
「言葉の力」(中公新書ラクレ)
「救出 3・11気仙沼に取り残された446人」(河出書房新社)
「民警」(扶桑社)、「東京の敵」「国民国家のリアリズム」(角川新書) 他多数

主な講演のテーマ

『この国のゆくえ』
豊洲移転問題はじめ東京が抱える課題の裏側に何があるのか。東京五輪はなぜ迷走したのか?
東京の敵は誰か、小池都政を阻む都議会の「闇」とは?
東京から日本につながる論点を浮き彫りにし、さらに五輪後の東京、そしてこの国をどうすべきかなどを話します。

カテゴリー

政治・経済
芸能人・文化人

著作紹介

  • 『道路の権力』

    出版社: 文藝春秋
  • 『ペルソナ―三島由紀夫伝』

    出版社: 文藝春秋
  • 『ピカレスク 太宰治伝』

    出版社: 文藝春秋

あなたにオススメの講師

Page Top