浅田 仁美

あさだ ひとみ
浅田 仁美

肩書き
元鹿妻小学校避難所本部長
石巻子ども劇場広報部長
(One Smileプロジェクトリーダー)
出身・ゆかりの地
宮城県

この講師のここがおすすめ

東日本大震災の被災者浅田仁美さんは、今尚ぬぐえぬ恐怖と不安を抱えながらも懸命に生き、『3・11報道では伝わらないもの』を発信し続けています。支援を地域に還元する部署「One Smileプロジェクト」を作り、「今日こそ笑顔に」とできることから取り組まれました。

プロフィール

当時(3.11)ことをインターネットで調べれば調べるほど、当時の様子や映像が出てくるので、少し、気分が悪くなり、気持ちが落ち着きません。
生活が落ち着けば落ち着くほどに、恐怖が強くなります。
また失うのでは?
取り越し苦労なのですが、不安はぬぐえません。
でも、語らなければなりません。
そういう自分が伝えるからこそ、ありのままなのだと言い聞かせています。

宮城県石巻市出身
ECO生活とキャラ弁作りが大好きな主婦であり、たまに毒を吐く?!妻であり、世界一娘を愛する母。東日本大震災では、2~3mの津波が自宅をのみこみ、当時小学校5年生の娘と間一髪自宅2階の屋根に上り難を逃れた。
その後1700名の避難者の一人として、6か月間避難所で生活をする。図らずも避難所のリーダーとして、避難者、学校、地域を考えながら避難所運営にあたった。避難所で出会った人々との縁で各地にて震災の体験を伝えている。現在は講演活動や地域を訪れる方に語り部として震災の体験や防災の学びを伝えながら、被災地支援と地域の子ども達を結びつける活動「One Smileプロジェクト」に取り組んでいる。

>>One Smile プロジェクト

<主な講演先>
仙台、静岡、愛知、大阪、兵庫など
ボランティア活動で被災地を訪れた団体の会合、被災地に思いを寄せるイベント、学校でのPTA向け研修会、小学校・中学校・大学での防災教育、防災授業、命の教育などでのテーマで講話。

主な講演のテーマ

1. 3・11報道では伝わらないもの
2. 避難所は社会の縮図
3. 避難所における主婦目線での取り組み
4. 心をこめて、今を生きる  など

カテゴリー

官公庁向け
教育・学校・PTA

ギャラリー

あなたにオススメの講師

Page Top