濱宮 郷詞

はまみや さとし
濱宮 郷詞

肩書き
オフィス濱宮郷詞 代表
出身・ゆかりの地
神奈川県

この講師のここがおすすめ

濱宮郷詞さんの講演『困難を乗り越え強く生きる』では、五才の時の父親の死、高三の時の棒高跳びの試合前の練習中の事故で手足が動かぬ車いす生活・・・等々の中、「不可能を可能にする努力」とパワフルな生きる姿を「僕の人生面白いですよ」の一言で笑い飛ばす。

プロフィール

五才の時に父親が目の前で倒れ死亡。母子家庭を経験。高三の時、棒高跳び日本高校記録を目指すも、試合前の練習中に首の骨を折り、手足が動かぬ車いす生活に。突然の寝たきり状態の為「運転も仕事も出来る障害レベルでは無い」と告知される。しかし、持ち前の負けん気と努力、そしてボランティアの協力もあり、コンピュータ技術を習得、運転免許取得、なんと就職先まで見つけている。
現在3つ子の父親となり、地域と関わりながら育児中。しかし、そんな中実家は火事に遭う。自ら実家を再建し、家族の為の自宅まで建てる。今度は義父が癌の宣告をされる。義父の入院手続きや諸問題をやりくりし、母親を励ます。義父への見舞い、病弱な姉、姪の援助、そして家族のふれあいも決して忘れない。寝たきりの重度障害者ながら「不可能を可能にする努力」とパワフルに生きる姿が、皆に「勇気と希望」を与えている。テレビで二度も再現ドラマ化されいずれも高視聴率。
講演では、幾多の困難も「僕の人生面白いですよ」の一言で笑い飛ばす。「涙、笑、心」あり。あっという間の90分。笑いの中にもラストは感動!拍手鳴り止まず!
講演のリピートも多く、TV再現ドラマ化、CATVでの講演放映、新聞取材等有り。

<主な経歴>
1992年 全国身体障害者スポーツ大会山形大会ビーンズバック投げ銀メダル。
1996年 神奈川県福祉政策課より初の試みで「<漫画モデル>にしたい」と要請有、1995年度に漫画「大空へ跳べ」のモデル」となる。後にTVKテレビ「話しの市場神奈川」出演、放送大学の教材となる。
1998年 長男、長女、次女3つ子生まれる。全国身体障害者スポーツ神奈川大会ビーンズバック投げ銀メダル。
2001年 NTVテレビ「24時間TVチャリティリポート」出演JVC上越ケーブルテレビジョン、他ケーブルテレビ講演放映多数。
2004年 フジテレビ「奇跡体験アンビリバボー」にて再現ドラマ化され15.7%の高視聴率。
2005年 日本テレビ「ザ・ワイド」再現ドラマ化、高視聴率、フジテレビ「奇跡体験アンビリバボー」再放送、自伝「負けてたまるか」出版、作家デビュー。
2006年 月刊「ゆたかなくらし」でコラム開始、絵本「うさぎのさとくん」出版、絵本作家デビュー。
2007年 著書「負けてたまるか」増刷、茨城県教育委員会推薦図書となる。改訂版出版予定

主な講演のテーマ

『困難を乗り越え強く生きる』

カテゴリー

官公庁向け
教育・学校・PTA
福祉・高齢・介護・医療

著作紹介

  • 『負けてたまるか!―私は生きています。一生懸命生きています』

    出版社: 本の泉社
  • 『その一歩―濱宮郷詞詩集』

    出版社: 本の泉社
  • 『うさぎのさとくん』

    出版社: 本の泉社

あなたにオススメの講師

Page Top