麻木 久仁子

あさぎ くにこ
麻木 久仁子

肩書き
タレント
出身・ゆかりの地
東京都

この講師のここがおすすめ

テレビ番組などで司会者、コメンテーターとして活躍するほか、知性派タレントとしてクイズ番組を中心にバラエティ番組への出演も多い麻木久仁子さん。講演では、両胸に発症した初期の乳がんの手術を受けた経験から、講演会や情報番組で、検診の大切さや経験したことを伝えていただけます。

プロフィール

1962年11月12日、東京都生まれ、学習院大学法学部中退。
テレビ、ラジオ番組で司会者、コメンテーターとして活躍する他、知性派タレントとして各クイズ番組を中心にバラエティ番組への出演機会も多い。
読書家とも知られ、おすすめ本を紹介するサイト「HONZ(http://honz.jp/)」や産経新聞では書評を担当するなど、その活動は多岐に渡っている。
また、2010年暮れに脳梗塞を発症。さらに2012年10月、11月には、両胸に発症した初期の乳がんの手術を受けた経験から、講演会や情報番組で、検診の大切さや経験したことを伝えている。

主な講演のテーマ

1. 今を生きることとは ~人生って終りがあるものなんですね。今を生きる事とは~
病気(脳梗塞や乳がん闘病)なども含め、様々な事を乗り越えたからこそお話し出来る人生観などを中心にお話しをさせていただきます。

2. 50歳になって気付いた事 今だからお話できる人生観とは
芸能界でデビューして最初はまったく何年も売れず!売れるまでの苦労とターニングポイントの出会いなど最初は会話もままならない私が司会をできるようになるまで。大物司会者の影響など今で云うおめでた婚!育児と仕事の両立キャリアを積んでいく苦労麻木流勉強法!クイズから観るそれぞれの人たちの答えに至るまでの考え方の違い “人生予期せぬ事がおこるのもの!いろいろ経験して分かったこと、考えが変わったこと” (講演内容は上記の内容から組み合わせてお話しさせていただきます。)

3. 賢い消費者になるために ~心豊かなくらしのかたち
情報との向き合い方・考え方を、キャスター、パーソナリティ、タレントとして伝える側に居るからこそお話が出来る、「これからの消費者」のあり方を提案させていただきます。

カテゴリー

官公庁向け
福祉・高齢・介護・医療
健康・食育・美容・メンタル
環境・防犯・防災・消費生活
文化・生涯・国際・異文化交流
芸能人・文化人

著作紹介

  • 『一生、元気でいたいから 生命力を足すレシピ』

    出版社: 文響社
  • 『ゆらいだら、薬膳』

    出版社: 光文社
  • 『「仕切り上手」の法則』

    出版社: 小学館

ギャラリー

あなたにオススメの講師

Page Top