フランソワーズ・モレシャン

ふらんそわーず・もれしゃん
フランソワーズ・モレシャン

肩書き
ファッション・エッセイスト
ライフスタイルプロデューサー
出身・ゆかりの地
海外

この講師のここがおすすめ

「ライフスタイルエッセイスト」とし知られるフランソワーズ・モレシャン氏。講演では、人生、経験、シニアライフ、環境、自然、ファッション、文化、異文化などをテーマに、消費社会の犠牲にならず、確固たる威厳と美意識を兼ね備えた“真のエレガンスな生活”についてお話していただけます。

プロフィール

ソルボンヌ大学日本語学科を経て1958年初来日。
NHK「楽しいフランス語」講師、お茶の水女子大学仏語講師などを務め、1964年帰国。クリスチャン・ディオール、レブロンを経て、1974年にシャネル美容部長として再来日。その後ファッションアドバイザーとしてマスコミで活躍し、執筆活動を続ける。

1990年フランスで出版された『La Gaijin(ラ・ガイジン)』はベストセラーとなり、日本語版も刊行され話題となった。『VOGUE NIPPON』の創刊に尽力するなど、最新ファッションに携わる傍ら、ジュエリーデザインも手がける。また石川県加賀市(現在は金沢市内で開塾)の禅寺と東京日仏学院において、衣食住にわたるトータルなライフスタイルを学ぶ「もれしゃん塾」を主宰。自流の生活文化論とおしゃれ論を展開。

ポリシーは、「ファッションはただの衣服ではなく、生活環境のすべて」。
国際化問題や自然環境保護にも積極参加、’92年「国境無き医師団」の日本支部の創立を支援し、’95年には「世界の医療団」日本支部の創立メンバーとして、国境を越えた世界平和への支援活動を続けている。

フランス政府より日仏文化交流の功績が認められ、1999年「国家功労勲章オフィシエ」(Officier del’Ordre National du Mérite)受章。2004年「レジオン・ドヌール勲章」受章。2009年「国家功労勲章コマンドゥール」受章。

ナチスドイツ占領下のパリに育ち、戦後復興期の日本に来日したフランソワーズ・モレシャン。自身の戦争体験から「生きるとは何か?」を考える。

日本文化に魅了され日本在住50余年。
日本人が見失ってしまった日本文化の再興を語り続けてきた。シャネル、クリスチャンディオールに勤務した経験を活かしファッションの話題も豊富である。おしゃれは個々のアイデンティティそのものであるとし、ファッション講座は初級篇から上級篇まで。

主な講演のテーマ

1. コロナ時代を生きるヒント
2. 21世紀のライフスタイル ~現代を楽しく、そして美しく生きるために
3. カッコいいって何ですか?~ファッションからモラルまで
4. 世界への扉

※オンライン講演会も対応可能です。#コロナ

カテゴリー

教育・学校・PTA
文化・生涯・国際・異文化交流
芸能人・文化人

著作紹介

  • 『アプレカランタン―いくつになっても失敗しないおしゃれ』

    出版社: 主婦と生活社
  • 『おしゃれに奇跡はありません―フランソワーズ・モレシャンのエレガントな人生案内』

    出版社: フェリシモ出版
  • 『モレシャンの劇場日記』

    出版社: 新書館

あなたにオススメの講師

Page Top