原 千晶

はら ちあき
原 千晶

肩書き
タレント
よつばの会代表
出身・ゆかりの地
北海道

この講師のここがおすすめ

30歳で子宮頸がん、35歳で子宮体がん、2度のがんを経験した原千晶さん。
講演ではご自身の体験を持って、“命に関わる何かにぶつかって「知らなかった」では遅すぎるのです”と投げかけます。すべての女性に全力で伝えたい“がんを意識したとき”にすぐ役立つお話が満載の講演です。

>原千晶さん 講演レポートはこちら

プロフィール

1974年   北海道帯広市生まれ
1994年   第21代クラリオンガールとして芸能界デビュー。
             以降、雑誌やTVなどを中心にタレントとして活動。
2005年   30歳の時に子宮頸がんが発覚。子宮の摘出を勧められるが、手術を延期してしまう。
2010年   再び子宮体部と頸部にがんが見つかり手術と抗がん剤治療を行う。
2011年   自身の経験をもとに、婦人科がんの患者会「よつばの会」を設立
             以降、各地でがん啓発の講演会やイベント参加など積極的に行っている。

 主なメディア出演 
TBS「ひるおび!」火曜日コメンテーター

主な講演のテーマ

『大切にしたい自分の体 ~2度の子宮がんを経験して~』

ご自身の子宮がんになられた際の辛い闘病体験、そして早期発見の大切さについてお話していただきます。子宮がんをはじめ婦人科疾患・乳がんともに発症数が増えており、普段お忙しい女性の方々もぜひ、この機会にご自身のからだと向き合ってみませんか。

カテゴリー

官公庁向け
福祉・高齢・介護・医療
健康・食育・美容・メンタル
文化・生涯・国際・異文化交流
芸能人・文化人
イベント・音楽・芸能

著作紹介

  • 『原千晶39歳 がんと私、明日の私、キレイな私。』

    出版社: 光文社

あなたにオススメの講師

Page Top