市岡 裕子

いちおか ゆうこ
市岡 裕子

肩書き
ゴスペル歌手
出身・ゆかりの地
兵庫県

この講師のここがおすすめ

ゴスペル歌手市岡裕子さんは、吉本新喜劇で一世を風靡した岡八朗氏の娘。母の自殺、弟の死、父のアルコール依存症などの苦難を負うなか、音楽慰められ、苦しいときこそ夢と希望と音楽をとゴスペルシンガーの道に進み、男女の機微、感謝の気持ちを伝える。

>市岡裕子さん講演レポートはこちら

プロフィール

吉本新喜劇座長の奥目のハッチャンとして人気を博した故・岡八朗の長女。
岡八朗は平成25年2月「第16回上方演芸の殿堂入り」をコメディアン・喜劇役者として初めて果たす。
母の自死、弟の死、父のアルコール依存症などの苦難を負うなか、ニューヨークのハーレムでゴスペル音楽に出会い、慰められゴスペルシンガーの道に進む。壮絶な葛藤の末に手にした父娘の絆。絶望からの再起を、ゴスペルソングやトークも交えての講演が好評を得ている。

4歳からピアノと歌を始め、高校時代にジャズ、黒人音楽に触れる。16歳の時、鬱病により母親が自殺、父のアルコール依存症による新喜劇リストラ退団。さらに胃ガンと脳挫傷、弟の死と続く。家族の世話に追われる中でアメリカ留学を果たす。一時帰国後、1996年再渡米。ハーレム黒人教会で本場のゴスペルに出会い、1999年ブルックリン・クイーンズ音楽院にてブラックミュージックを本格的に学びゴスペルシンガーの道を歩む。2001年マクドナルド・ゴスペル・フェストに3,000人のオーディションの中からクワイヤーメンバーに選ばれ、シシー・ヒューストン(ホイットニー・ヒューストンの母)と共演する。2002年父・岡八朗の芸能生活45周年記念リサイタルでなんばグランド花月にて父娘共演。翌年の03年、NHK”にんげんドキュメント”でリサイタルに至るまでの親娘の絆が紹介される。同年、父娘共著の足跡を記した自叙伝『泣いた分だけ笑わしたる!』(マガジンハウス)を出版。又、2008年より「市岡裕子インターナショナルミニストリー」を立ち上げ、タイのHIV孤児達の支援、チャリティーコンサートを行っている。医療少年院、児童養護施設、刑務所などの慰問も行う。

講演では「人生の荒波に揉まれて来た経験から、足りないものに不平不満を言わず、有るものに感謝することを学んだ。」と語り、闘病や家族間の葛藤、夢と希望を持てずに苦しんでいる人たちの役に立ちたいと語る。ゴスペルコンサートではエネルギッシュなステージでゴスペルを歌い上げる。これまで手掛けたコンサート&講演会は600回以上。

 講演実績 
人権啓発講演会/人権啓発トーク&コンサート/こころの講演会/自殺予防啓発講演会/精神保健福祉大会/福祉講演会/アルコール関連啓発講演会/人権教育講演会/PTA講演会/中学・高校特別講演会/企業人権講演会/JA女性部講演会/生涯学習講演など多数

主な講演のテーマ

1.人生あきらめたらあかん! ~足りないものに不平不満を言わず、有るものに感謝~
母親、父親、弟…家族の死、壮絶な家族の悲劇を目の当たりにし、数々の苦難を乗り越えてきた辛い経験があったからこそ、今、こうしてステージに立ち皆さんに慰めと希望をお話しする事が出来ます。「人生はあきらめたらあかん!」力強い生き方が人々に感動を与え、また亡父、岡八朗の思い出話も懐かしく楽しく語ります。

2.ゴスペルソングに救われて ~苦しいときこそ夢と希望と音楽を~
私は人生のどん底にいた時、ニューヨーク、ハーレムの黒人教会でゴスペルに出会いました。 アメリカの歴史の中で奴隷制度という過酷な試練の中、生き延び、現在の地位を獲得したアメリカ黒人の人達のゴスペルからは強さ、勇気、希望を歌う魂の叫びが聴こえてきます。私も自分の人生での試練をゴスペルによって励まされてきました。そんな迫力あるゴスペルを聴いて、時には涙、時には癒され、最後には生きる勇気と愛を持って、元気になって下さい。

3.誰かがあなたを必要としている ~すべての人生には目的がある~
私達は生き延びるために、又、幸せになる為にはお互いが必要です。あなたを必要としている人達に手を差し伸べるとき、私達は自分の人生の目的を知ることができます。しかし、あなた自身を忘れないで下さい。自分を大切にする事が出来る人は、周りの人を心から大切にする事が出来るのです。本当の人権は自分自身から始まるのです。

4.笑いはあなたの心をいやす
幼少期、亡父である岡八朗に「どうして人間は笑いたいの?」と尋ねたところ「笑いは良い薬だから。」と教えられました。しかし、母の自死、父のアルコール依存性、弟の早死など家族の不幸を経験する中、もう二度と笑えないと思いました。この講演では自分自身の面白く辛い体験談を通し、笑いの中に喜びを再び見つけ、どのように心の痛みを乗り越えたかをお話しさせて頂きます。あなたの困難もきっと乗り越えられるヒントになる涙と感動の講演会です。

5.本当の幸せとは ~心の開放を求めて~
人間にとって、他人の幸せを一緒に喜ぶ事は、自分が不幸な時はとても難しい。しかし、私達の心が開放され自由であることが、どんなに幸いであるか。心の自由が人との関わりの中でいかに大切な要素であるか。本当の人間の幸せは、心が、憎しみ、恨み、妬み、怒りから開放されていくことなのです。

6.支え、励まし、与えることの喜び
7.ボランティアを通して感じる大きな愛

カテゴリー

官公庁向け
企業向け
教育・学校・PTA
福祉・高齢・介護・医療
芸能人・文化人
イベント・音楽・芸能

著作紹介

  • 『泣いた分だけ笑わしたる』

    出版社: マガジンハウス

ギャラリー

講師からのメッセージ

講師からのメッセージ全文はこちら

はじめまして。こんにちわ。市岡裕子(いちおか ゆうこ)と申します。
私は、ゴスペルシンガーで 日本各地で 講演会やトーク・コンサートを通して たくさんの方々に「命の大切さ」、そして「自分を愛すること」、「周りの人を愛すること」、また「自分を傷付けた人を許すこと」、そのようなお話や歌を通して みなさんにメッセージを届けています。 ボランティアの一環として 私はタイのチェンマイのHIVのエイズの孤児たち、そして今年は網走刑務所や姫路少年刑務所での慰問コンサートも行いました。 一人ひとり私たちは本当に大切な命を持っています。そのことを傷つけるのではなくて、お互いに助け合い、励まし合い、そしてお互いを大切にするといったことをこのコンサートや講演会を通してみなさん一人でも多くの方に知ってほしいと思います。 もしも 私の講演会やトーク・コンサートに興味のある方は、オフィス愛までどうかご一報ください。 皆さんにお会いできるのを心から楽しみにしています。よろしくお願い致します。

オリジナルムービー

聴講者の声

  • トーク、独特のゴスペルがとても素晴らしかった。飾りのない言葉は温かく、心に染み入りました。トークの間のピアノの調べも美しく、大満足の講演でした。
  • 唄の力は生きる力です。命の尊さを大切に、人から心ある親切にあった時、心から感謝することの大切さを学んだ。人に優しくなれる講演です。
  • 親子関係だけでなく、すべての人をいたわり、助けてやれる自分になれるよう、生涯自分をみがいていきたいと思わせてくれる講演でした。
  • 話しだけでなく歌もあって楽しかったです。自分の体験を話しながら、人権について分かりやすく話しをして良かったです。
  • とっても感動した。中学校、高校等で子どもたちにも講演していただきたい内容でした。
  • 岡八郎さんとの芝居をやってられた時の事を思い出しました。心のこもった歌声素晴らしかったです。元気な姿を見れて安心しました。感謝の心を忘れずに生きていきます。
  • 人間の目から見ると様々な苦難があり、希望を見出すのも想像できないような中で、神様に出合い、人生変えられた。その生々しい語り、運命に感動しました。
  • 「人のあるがままを受け入れる。」この教えが身にしみました。普段の生活で忘れてしまっている、「感謝」を思い出させてくれる講演です。
  • つらい事があっても、いつか楽しい事が待っている。市岡さんの人生からそのことを学べました。これからも人を大切にがんばっていきたいです。
  • 私自身、ここ数年、二度死ぬ思いをして、幸いケガひとつなく“生かされている”とつくづく感じて今を生きています。自分が生かされていることの意味を市岡さんの様に見つめ、人のために生きる人生にしていきたいです。

>学生向け講演会の感想

あなたにオススメの講師

Page Top