桂 七福

かつら しちふく
桂 七福

肩書き
落語家
出身・ゆかりの地
徳島県

この講師のここがおすすめ

徳島県出身の桂七福さんは、国立阿南工業高等専門学校 機械工学科卒業エンジニアとして精密機械メーカーに入社するも、プロの落語家への夢を持ち続け、四代目桂福団治の弟子として入門。七福本人が受けた「イジメ」体験から人権をテーマにした講演活動は好評。

プロフィール

1965年、徳島県生まれ。国立阿南工業高等専門学校 機械工学科卒業。
在学中より、落語研究部に在籍し部長を務めるなどアマチュア落語家として活躍。当時の芸名「笑遊亭大笑」で、1984年度徳島県文化芸術祭舞台公演部門奨励賞 を受賞。

プロの落語家への夢を持ちながらも、エンジニアとして精密機械メーカーに入社。しかし、夢捨て切れず1991年10月上方落語家四代目 桂福団治の弟子として入門、作家 藤本義一氏の命名により「桂七福」となる。1992年4月、上方落語協会、関西演芸協会、文化庁芸団協会、それぞれの団体に正式所属登録される。大阪・国立文楽劇場にて初舞台。

1994年、学生時代に七福本人が受けた「イジメ」体験本「うわごと」を教育出版社より発刊。全国で5000冊を無料で配って大赤字を抱えることに。この頃から人権をテーマにした講演活動を始める。

1997年、明石海峡大橋開通を機に出身地・徳島にUターン。
1998年、(財)徳島県ハートランド・ボランティア推進協議会より徳島県福祉功労賞を個人受賞。
2001年から、徳島県の人権広報番組のメインパーソナリティーとして採用される。
2002年、桂七福がレギュラー出演しているNHK徳島放送局の番組「てれごじ」が「NHK放送局総局長賞」を受賞。徳島地元放送局において、ラジオ・テレビのレギュラー番組を担当。
2011年、アメリカ・ニューヨークの日本人学校3校にて教育・人権・命・希望をテーマに講演。

主な講演のテーマ

1. 気づけば高まる人権意識  ~日頃の言葉に少しの気づかい~
主な内容・言葉には力があります。たった一言で、相手の心に生涯残る傷を負わす事もあります。その反対には、たった一言ですが、相手が生涯の生きる支えとして大切にする言葉もあります。言葉は意思疎通の大切な役割なので、使うたびに誤解とも隣り合わせです。落語の形を借りた、笑いをまじえた講演にもたくさんの気づきと学びが盛り込まれています。『上手な言葉との付き合い方』を知ると、みなさんの心も『今までとはちょっと違った考え方』の刺激を受けられるはずですよ。

2. 桂七福の人権落語
3. 差別をなくす最高の笑顔を
4. 笑いは心の深呼吸
5. ほんの少しジェンダの中へ
6. 心でつなぐありがとうの気持
7. 夢をあきらめないで
8. 元気な笑顔でいきいき長生き
9. 笑顔で元気、にこにこ長生き

カテゴリー

官公庁向け
教育・学校・PTA
福祉・高齢・介護・医療
健康・食育・美容・メンタル
イベント・音楽・芸能

あなたにオススメの講師

Page Top