ネルケ無方

ねるけむほう
ネルケ無方

肩書き
安泰寺堂頭(住職)
出身・ゆかりの地
その他

この講師のここがおすすめ

ドイツ生まれのネルケ無法氏は、16歳の時高校のサークルで座禅と出会ったのがきっかけで、日本へ留学、修行体験を得る。その後本格的に雲水として本格的に修行を積み、現在は安泰寺堂頭(住職)を務めるに至る。講演では外国人から見た日本社会について等話す。

プロフィール

1968年のドイツ生まれ。
16才の時、高校のサークルで坐禅と出合い、将来禅僧になることを夢見始めた。その準備のために大学で哲学と日本学を専攻し、在学中に一年間日本で留学する。その時初めて安泰寺に上山し、半年間の修行体験を得る。
帰国後に大学を修士課程で卒業し、再び安泰寺に入門。八代目の住職、宮浦信雄老師の弟子となる。
2年間、雲水として安泰寺で修行する。その後、京都の東福寺と小浜の発心寺と言った専門僧堂にもそれぞれ一年間掛搭し、安泰寺でさらに4年間過ごしてから師匠の法を継ぐ。
33才のとき、独立した禅道場を開くために、下山して大阪城公園で「流転会」と称してホームレス雲水生活を開始する。
その6ヶ月後、2002年の2月に師匠の訃報を聞き、テントをたたみ山に戻る。
今は雲水と年間100人を超える国の内外の参禅者の指導をしている。
大阪で知り合った妻と結婚をし、2人の子供の父親でもある。
切磋琢磨しながら坐禅をし、自給自足の生活を送っている。
一般の方々、学生、外国人と色々な方々が毎年、修行をしに訪れている。

主な講演のテーマ

1. 相互理解に向けて
2. 外国人から見た日本の社会
3. 男女、異文化について

カテゴリー

官公庁向け
文化・生涯・国際・異文化交流

著作紹介

  • 『迷える者の禅修行―ドイツ人住職が見た日本仏教』

    出版社: 新潮社
  • 『日本人に「宗教」は要らない』

    出版社: ベストセラーズ
  • 『曲げないドイツ人 決めない日本人』

    出版社: サンガ

あなたにオススメの講師

Page Top