大山 加奈

おおやま かな
大山 加奈

肩書き
元女子バレーボール日本代表
出身・ゆかりの地
東京都

この講師のここがおすすめ

力強いスパイクを武器に日本をアテネ五輪へ導いた元バレーボール女子日本代表・大山加奈さん。講演では、バレーボールを通じて「光」と「影」を経験した大山さんだからこそ語れる、熱いメッセージをお伝えします!子育てや指導方法に悩みを持つ保護者・指導者の方に特ににおすすめの講演です。

プロフィール

小学校2 年生からバレーボールを始め、小中高全ての年代で全国制覇を経験。高校卒業
後は東レ・アローズ女子バレーボール部に入部した。日本代表には高校在学中の 2001年に初選出され、オリンピック・世界選手権・ワールドカップと三大大会すべての試合に出場。力強いスパイクを武器に「パワフルカナ」の愛称で親しまれ、日本を代表するプレーヤーとして活躍した。
2010年 6 月に現役を引退し、現在は全国での講演活動やバレーボール教室、解説、メディア出演など多方面で活躍しながら、スポーツ界やバレーボール界の発展に力を注ぐ。

 主な競技歴 
学生
1996年 全日本バレーボール小学生大会優勝
1999年 全国中学校選手権優勝
2002年 インターハイ・国体・春高バレー3冠 ※小中高すべての年代で全国制覇を達成

Vリーグ(2003年~2010年/東レ・アローズ所属)
2003年 新人王獲得

全日本(2001年~2009年)
2002年 世界選手権出場
2003年 ワールドカップ出場
2004年 アテネオリンピック出場
2007年 2007年 ワールドカップ出場

 役職 
現在の活動
バレーボール教室講師
バレーボール解説者
スポーツキャスター
講演会講師
公益財団法人笹川スポーツ財団 評議員
公益財団法人日本スポーツ協会 評議員
公益財団法人日本スポーツ協会 情報誌「SportsJapan」編集部会員
公益財団法人日本オリンピック委員会 オリンピックムーブメント専門部会員
公益財団法人日本オリンピック委員会 女性スポーツ専門部会員
スポーツ庁スポーツ審議会 スポーツインテグリティ部会専門委員
公益財団法人日本バレーボール協会 広報委員/国内事業本部委員
しがスポーツ大使
泉佐野市スポーツ大使

主な講演のテーマ

1. 夢に向かって
小中高すべての年代で全国制覇を達成。日本代表入りを果たした後は、ワールドカップ・世界選手権・オリンピックという世界 3 大大会にも出場した。経歴だけ見れば華やかなバレーボール人生。しかしその裏では壮絶なケガとの闘いや、バレーボールから逃げ出すことを考えた日々など、人知れぬ辛い経験もあった。そんな大山が、なぜオリンピックへの出場を果たすことが出来たのか?そして大山が得たものは何だったのか?スポーツを通じて「光」と「影」を経験した大山だからこそ語れる、子どもたちへのメッセージをお伝えします。

2. 繋ぐ~バレーボールが教えてくれたこと
バレーボールには、アタッカー、セッター、リベロなど、コート上の選手それぞれに与えられた役割がある。選手たちは仲間の役割そして個性を理解し、チーム一体となってボールを繋ぎ、勝利に向かう。このバレーボールの神髄は、企業にも同じことが言えるのです。組織を「繋ぐ」ために必要なこととは何か?大山加奈が、バレーボールの競技特性から学んだ「繋ぐ」ための秘訣をお教えします。

3. スポーツで人生を豊かに~バレーボールから学んだ子どもとの向き合い方~
スポーツの目的が“勝利至上主義”へと変わってしまったとき、本来の目的を見失ったスポーツは、様々な弊害を引き起こす“リスク”に形を変えてしまいます。そして残念ながらこのリスクは、子どもたちのスポーツシーンにおいても未だ根強く残る課題として社会問題になっています。大山加奈も例外ではなく、勝利至上主義というリスクによって、本来得られるはずだったものを失う経験をした一人。一方で、スポーツによってかけがえのないものを得たことも事実。スポーツが持つ善悪の両方を経験した大山は、子どもたちのスポーツシーンにおいて重要な役割を担う指導者や保護者の皆さまに、伝えたいことがあります。

※オンライン講演会も対応可能です。

カテゴリー

企業向け
教育・学校・PTA
スポーツ

著作紹介

  • 『バレーボール 練習法&上達テクニック』

    出版社: 実業之日本社
  • 『バレーボール 基本テク&練習法』

    出版社: 実業之日本社

あなたにオススメの講師

Page Top