岡 真裕美

おか まゆみ
岡 真裕美

肩書き
子ども安全講師
大阪大学大学院人間学研究科 特任研究員。
出身・ゆかりの地
香川県

この講師のここがおすすめ

「子どもはケガをして成長する」と言われますが、その時我が子に想定しているのは軽傷ではありませんか?しかし、事故が起これば、軽傷で済むか重篤な事故になるかは確率の問題。事故は誰にでも起こり得ます。岡真裕美さんの講演では、起こりやすい子どもの事故事例をご紹介し、その予防と対策について考えます。大切な子どもたちを守るため、お子さんがいる方、教育や行政にたずさわる方、多くの大人に聴いてほしい内容です。

プロフィール

奈良女子大を卒業後、就職・結婚・出産を経て中学高校の国語科教員として勤務。
2012年、偶然子どもの水難に遭遇し救助に入った夫が、その際に死亡。事故現場における安全対策を行政に訴えるも、相手にされず無力さを思い知らされ一念奮起して専門家の道へ。翌年、シングルで2児の子育てをしながら大阪大学大学院に進学。子どもの事故予防で修士課程を修了後、啓発と情報発信を精力的に展開する。
現在は研究者としての専門的立場を強みに、子どもの事故予防や保育事故予防、保育の安全意識の向上について講演や研修を精力的に活動中。資格は、中学・高校国語科第一種教員免許。メディア出演に、 NHK、フジテレビ、TBS、ABC 放送他取材多数。

主なメディア出演

テレビ朝日「おはよう朝日です」、NHK「夕方のニュース」、RNC西日本放送「NEWSエブリィ」
朝日放送ラジオ「おはようパーソナリティ道上洋三です」、ABCラジオ「茂山千之丞の栴檀代々」
朝日新聞、毎日新聞、読売新聞 他

主な講演のテーマ

1. 子どもの安全
事故発生のメカニズム、子どもの事故事例紹介、子どもの発達の特性、子どもの事故を防ぐ効果的な声かけ、大人の心構えなど

2. 保育の安全
3. 学校の事故怪我予防

4. 死別母子家庭
夫の事故死から次のステップへ
死別シングルマザーについて
子育てをしながらの社会人大学院生

カテゴリー

教育・学校・PTA
環境・防犯・防災・消費生活

あなたにオススメの講師

Page Top