田原 総一郎

たはら そういちろう
田原 総一郎

肩書き
評論家
出身・ゆかりの地
滋賀県

この講師のここがおすすめ

激論!クロスファイア(BS朝日)、朝まで生テレビ(テレビ朝日系)のレギュラー司会を務める田原総一郎氏。エネルギッシュに一刀両断の発言で、各界からの出演者への“仕切り”が話題。常に激動する国際情勢と日本について激論を戦わせている評論家です。

プロフィール

1934年4月15日、滋賀県彦根市生まれ。
早稲田大学卒業後、岩波映画製作所、東京12チャンネル(現テレビ東京)を経て、77年フリーに。
ジャーナリスト、評論家として政治、経済、先端技術など、放送と活字の世界で、幅広く精力的な仕事を続けている。

政治の劇場化の功罪が取りざたされる昨今、テレビ朝日「サンデープロジェクト」(日曜前10・00)と「朝まで生テレビ」(毎月最終金曜深夜1時過ぎ)を拠点に、エネルギッシュな活躍をする田原総一朗氏の一刀両断の発言や“仕切り”が何かと話題になる。各論を展開すると「朝生」並みのボリュームになってしまうが、ならばと政界“秋の陣”を前に、田原氏の基本姿勢に迫った。

<主なメディア出演>
『サンデープロジェクト』
『朝まで生テレビ』

主な講演のテーマ

『時代を読む ~激動する国際情勢と今後の日本~』

カテゴリー

政治・経済
文化・生涯・国際・異文化交流
芸能人・文化人

著作紹介

  • 『大宰相 田中角栄 ロッキード裁判は無罪だった』

    出版社: 講談社
  • 『日本人は原発とどうつきあうべきか 新・原子力戦争』

    出版社: PHP研究所
  • 『「稼ぎ方」の教科書』

    出版社: 実務教育出版

あなたにオススメの講師

Page Top