高石 ともや

たかいし ともや
高石 ともや

肩書き
フォークシンガー
出身・ゆかりの地
北海道

この講師のここがおすすめ

70才をすぎた現在もフォークシンガーとして全国でステージに立ち、ライフワークとなったマラソンを続ける高石ともやさん。ホノルルマラソン38回連続完走。夢は、80代になっても大地から天に伸びる一本の杉のように美しく立ち、マイクに向かうことを目指されています。

プロフィール

1941年生まれ、北海道雨竜町出身。
1966年、「思い出の赤いヤッケ」でフォーク歌手としてデビュー。
その後、「受験生ブルース」「陽気にゆこう」などを発表。ギター1本で全国を歌いまわる独特のスタイルを築く。
1971年、“ザ・ナターシャ・セブン”を結成。
1978年、「107 SONG BOOK(東芝EMI)で、レコード大賞企画賞受賞。
京都・宵々山コンサートは今年で28回を迎えた。「平和」「家族」「健康」などをテーマに講演活動にも力を注いでいる。
2004年NHK大阪総合テレビ「上方倶楽部」に出演し、西国33札所巡りの案内人を1年間務めた。
2006年、NHKBS「フォークの達人」に出演。
2007年2月NHKテレビ「ようこそ先輩」に出演。

<アスリート歴>
1981年、日本初のトライアスロン大会、皆生トライアスロン大会優勝。
1989年、オーストラリア1011km、ウルトラマラソン日本人初完走。
1993年、アメリカ大陸横断マラソンレース~走破総計 4688.58km、
64日間休日なし、1日平均73.26km~完走(日本人初)5位。
2003年、トライアスロン世界大会に60~65歳の部で出場。
2006年~現在 ホノルルマラソン 日本人最多出演。

<主な著作物、CD>
CDブック「さあ陽気にゆこう」、CD「ファミリーフォーク12曲集」
「あわてなさんな」「自分をほめてやろう」「もう1歩」等

主な講演のテーマ

1. がんばった自分をほめてやろう ~みんながしあわせに生きる世界~
2. 虐待は心の傷
3. ともに陽気にゆこう
4. 戴いた命をともに生きる
5. 前を向いて生きよう
6. さあ 陽気に行こう!

カテゴリー

官公庁向け
企業向け
教育・学校・PTA
文化・生涯・国際・異文化交流
スポーツ
芸能人・文化人

あなたにオススメの講師

Page Top