山田 昌弘

やまだ まさひろ
山田 昌弘

肩書き
中央大学文学部教授
出身・ゆかりの地
東京都

この講師のここがおすすめ

中央大学文学部教授・山田昌弘氏は、格差社会と家族について「パラサイトシングル」「ワーキングプア」「婚活」「絶食系男子となでしこ姫」など著書・共著で説く。講演テーマ「格差社会スパイラル~二極化する仕事、家族~」「婚活時代と若者たち」など多数。

プロフィール

1957年東京生まれ。81年東京大学文学部卒。86年同大学院社会学研究科博士課程退学。
専門、家族社会学。愛情やお金を切り口として、親子・夫婦・恋人などの人間関係を社会学的に読み解く試みを行っている。「学卒後も基礎的生活条件を親に依存している未婚者=パラサイト・シングル」の実態や意識について分析した著書「パラサイト・シングルの時代」(ちくま新書、1999年)は話題を呼んだ。
1990年代後半から日本社会が変質し、若者の多くから希望が失われていく状況を「希望格差社会」(ちくま文庫)と名づけ、格差社会論の先鞭をつけた。
著書は他に、「家族ペット」(文春文庫)「少子社会日本」(岩波新書)など多数。
2007年よりイー・ウーマン「働く人の円卓会議」議長をつとめる。

主な講演のテーマ

1. 格差社会スパイラル~二極化する仕事、家族~
2. 格差社会の現状
3. 少子化の原因は何か~
4. 人権の視点から日本社会の行方を考える

カテゴリー

官公庁向け
企業向け
政治・経済
文化・生涯・国際・異文化交流

著作紹介

  • 『近代家族のゆくえ』

    出版社: 新曜社
  • 『希望格差社会』

    出版社: 筑摩書房
  • 『女性活躍後進国ニッポン』

    出版社: 岩波書店

あなたにオススメの講師

Page Top