吉永 みち子

よしなが みちこ
吉永 みち子

肩書き
ノンフィクション作家
出身・ゆかりの地
埼玉県

この講師のここがおすすめ

ノンフィクション作家・吉永みち子さんは、JRA機関誌「優駿」の優駿エッセイ賞、「気がつけば騎手の女房」で大宅壮一ノンフィクション賞を受賞。
政府税制調査会、地方分権改革推進会議、郵政行政審議会議などの委員を歴任。講演テーマ「輝いて生きる人々」等

プロフィール

1950年埼玉生まれ。東京外国語大学インドネシア科卒。
「勝馬新聞社」「日刊ゲンダイ」で競馬記者として活躍する。
1978年に退社後、5年の専業主婦を経て仕事に復帰。
1983年、JRA機関誌「優駿」の優駿エッセイ賞受賞。
1985年「気がつけば騎手の女房」で大宅壮一ノンフィクション賞受賞。
政府税制調査会、地方分権改革推進会議、郵政行政審議会、外務省を変える会、検察の在り方検討会議などの委員を歴任。

<主なメディア出演>
テレビ朝日系「モーニングバード」、TBS「朝チャン・サタデー」

<主な著書>
『繋がれた夢』『旅路の果ての名馬たち』『子供を蝕む家族病』『総理とその女房』
『麻婆豆腐の女房』『母と娘の40年戦争』『性同一性障害』『ボクって邪魔なの?』
『変な子と呼ばれて ミッシェル・近藤の人生』『どこゆく?団塊男 どうする!団塊女』
『子供たちは甦る!』『26の生きざま!』『40代。自分が変わる生き方』
『怖いもの知らずの女たち』『人生を決めたあの時』
『老いの世も目線を変えれば面白い』 ほか多数

主な講演のテーマ

1. 輝いて生きる人々
2. 自分らしく生きる
3. 逆境から学ぶ

カテゴリー

官公庁向け
企業向け
教育・学校・PTA
文化・生涯・国際・異文化交流
芸能人・文化人

著作紹介

  • 『老いの世も目線を変えれば面白い』

    出版社: 海竜社
  • 『試練は女のダイヤモンド』

    出版社: ウェッジ
  • 『怖いもの知らずの女たち 』

    出版社: 山と溪谷社

あなたにオススメの講師

Page Top