田中 俊之

たなか としゆき
田中 俊之

肩書き
博士(社会学)
出身・ゆかりの地
東京都

この講師のここがおすすめ

ワーク・ライフ・バランスの推進に当たり、男性の意識改革が求められています。近年、注目度が高まる「男性学」の第一人者である田中俊之さんが、現実問題に深く切り込みます。
「男なら働くのは当たり前」。そういった考え方に警鐘を鳴らし、男性が正社員として定年までフルタイムで約40年間働くという生きかたしか許されていない日本の現状に対して、「性別にとらわれない多様な生き方」への方向転換を提案しています。ワーク・ライフ・バランスを見直し、すべての人が生きやすい社会づくりについて考えてみませんか?

プロフィール

1975年、東京都生まれ。
大正大学心理社会学部准教授。主な研究分野は「男性学」。
「日本ではであることと働くということとの結びつきがあまりにも強すぎる」と警鐘を鳴らしている。
男性学の第一人者としてメディアでも活躍する他、厚生労働省イクメンプロジェクト推進委員会委員、渋谷区男女平等・多様性社会推進会議委員として男女共同参画社会の推進に取り組んでいる。 

<男性学とは?>
男性学とは「男性が男性だから抱えてしまう問題」を扱う学問です。例えば、働きすぎ、自殺、そして、結婚難などが挙げられます。

<主な著書>
『男性学の新展開』(青弓社)
『男がつらいよ―絶望の時代の希望の男性学』(KADOKAWA)
『〈40男〉はなぜ嫌われるか』(イースト新書)
『男が働かない、いいじゃないか!』(講談社プラスα新書)
『不自由な男たち―その生きづらさは、どこから来るのか』(祥伝社)小島慶子との共著)

主な講演のテーマ

1. 男性学の視点から男女共に生きやすい社会を考える
イクメンという言葉が社会に定着しても、なかなか男性の家事・育児参加が進みません。現実としては、相変わらず男性の生き方は仕事中心です。その一方で、かつてよりも女性が社会に進出するようになりました。家事や育児、それに介護、さらには仕事と、女性ばかりが一人で何役もこなしています。男性が変わらなければ、女性は疲弊していくばかりです。「男も女も、仕事も家庭も」。それが実現できる社会を作るには、どうすればいいのでしょうか。男性学の視点から、みなさんと一緒に考えていきます。

2. 男性学の視点から男性の仕事中心の生き方を見直す
長時間労働は、決して新しい問題ではありません。1980年代後半には、過労死が社会問題化していますから、少なくとも、30年にもわたって「働きすぎ」についての議論が続いています。それにも関わらず、どうして、未だに男性は仕事中心の生活を送っているのでしょうか。男性学の視点から、男性が働きすぎてしまう原因を明らかにします。さらに、女性差別に対して厳しい目が向けられる時代であることを踏まえ、求められる上司像や組織のあり方についても合わせて考えます。

3. 男が働かない、いいじゃないか!
日本では、「男であること」と「働くこと」の結びつきが強すぎます。学校を卒業してから定年退職までの40年間は、何があっても男は働き続けるのが「当たり前」とされているからです。そのため、多くの男性は、なぜ自分が働くのかを考える機会さえありません。しかし、仕事をする理由について向き合うことなく、果たして、主体的に働くことは可能なのでしょうか。男性学の視点から、男が働くのは「当たり前」という常識に切り込み、男女平等の時代における「新しい男性の生き方」を提案します。

カテゴリー

官公庁向け
企業向け

著作紹介

  • 『男が働かない、いいじゃないか!』

    出版社: 講談社
  • 『<40男>はなぜ嫌われるか』

    出版社: イースト・プレス
  • 『男がつらいよ』

    出版社: KADOKAWA / 中経出版

あなたにオススメの講師

Page Top