吉村 和真

よしむら かずま
吉村 和真

肩書き
京都精華大学 マンガ学部学部長 教授
京都国際マンガミュージアム研究センター長
出身・ゆかりの地
福岡県

この講師のここがおすすめ

京都精華大学マンガ学部学部長教授の吉村和真氏は、マンガによって気づかないうちに刷り込まれた人種に対するイメージやマンガに潜むステレオタイプや偏見について、講演『差別と向き合うマンガたち』で話す。マンガを通して身に付く思想や価値観、感性を追求する。

プロフィール

1971年、福岡県生まれ。
熊本大学大学院修士課程修了、立命館大学大学院文学研究科博士課程後期課程単位取得退学。
研究者として著作・論文を多数執筆するかたわら、2001年の日本マンガ学会設立や、2006年の京都国際マンガミュージアムの設立に尽力し、また大学などにおける漫画関連の企画展の立案や運営に携わるなど、マンガ研究の中心人物の一人として知られる。

マンガは私たちの身の回りにあふれています。本屋やコンビニで売っているものだけでなく、新古書店やマンガ喫茶、床屋や食堂などにも、手垢や油にまみれたマンガが置いてあります。いったい、いつごろ、どのようにして、こんな環境ができたのでしょう。 また、私たちは、絵本やアニメを含め、幼い頃から「マンガ的世界」に接しています。現代日本に住んでいれば、アンパンマンやドラえもんと出会わずに小学生になることはほぼ不可能でしょう。
はたして、その過程で、私たちにはどんな思想や価値観、感性が身に付くのでしょうか。

マンガに潜む『偏見』を知ることで差別について考えてみましょう
マンガの登場人物には、さまざまなステレオタイプや偏見が潜んでいます。
石ノ森章太郎さんの作品「サイボーグ009」を例に挙げてみますと背の低い料理人の中国人や寡黙で大柄なアメリカ先住民に対し、西洋人はスマートに 描かれていて、人種に対するイメージが特徴的に表現されているのです。 また、「めがねをかけている人」は「賢い」、「標準的体形で標準語を話す人」が 「ヒーロー」など、作品を読まなくても役回りがわかるほど、気づかないうちにイメージが 刷り込まれているのです。 マンガは性質上、誇張や省略は避けられませんが、現実は固定化されたイメージ通りではありません。マンガに潜むステレオタイプや偏見について、一緒に考えてみましょう。

<主なメディア出演>
NHK第一放送「かんさい土曜ほっとタイム」内「まんが博物館」
毎日新聞コラム「みんなのマンガ学」
NHK大阪「旬の人時の人」、NHK全国放送「ラジオ深夜便」など

主な講演のテーマ

『差別と向き合うマンガたち』

カテゴリー

文化・生涯・国際・異文化交流

著作紹介

  • 『差別と向き合うマンガたち』

    出版社: 臨川書店
  • 『マンガの教科書―マンガの歴史がわかる60話』

    出版社: 臨川書店

あなたにオススメの講師

Page Top