湯浅 誠

ゆあさ まこと
湯浅 誠

肩書き
社会活動家
東京大学先端科学技術研究センター特任教授
全国こども食堂支援センター・むすびえ理事長
出身・ゆかりの地
東京都

この講師のここがおすすめ

社会活動家・湯浅誠さんは、年越し派遣村村長を経て、3年間内閣府参与に就任。内閣官房社会的包摂推進室長、震災ボランティア連携室長など政策決定の現場に携わり、現在は子どもの貧困問題の理解を深める活動を行っている。
講演は貧困問題にとどまらず、地域活性化や男女共同参画、人権問題まで多岐に渡り、子ども食堂の実例から、子どもの居場所がもたらす価値についてもお話しいたします。

プロフィール

1969年東京都生まれ。東京大学法学部卒。東京大学大学院法学政治学研究科博士課程単位取得退学。1990年代よりホームレス支援に従事し、2009年から足掛け3年間内閣府参与に就任。内閣官房社会的包摂推進室長、震災ボランティア連携室長など。政策決定の現場に携わったことで、官民協働とともに、日本社会を前に進めるために民主主義の成熟が重要と痛感する。2014〜2019年まで法政大学教授。

著書に、『つながり続ける こども食堂 』(中央公論社 2021年)、『子どもが増えた! 人口増・税収増の自治体経営』(泉房穂氏との共著、光文社新書 2019年)、『「なんとかする」子どもの貧困』(角川新書 2017年)、『ヒーローを待っていても世界は変わらない』(朝日新聞出版 2012年)、『反貧困』(岩波新書 2008年 第8回大佛次郎論壇賞、第14回平和・協同ジャーナリスト基金賞受賞)、『貧困についてとことん考えてみた』(茂木健一郎と共著 NHK出版 2010年)など多数。

ヤフーニュース個人に連載中の「1ミリでも進める子どもの貧困対策」で「オーサーアワード2016」受賞、法政大学の教育実践で「学生が選ぶベストティーチャー」を2年連続で受賞。「こども食堂安心・安全プロジェクト」でCampfireAward2018受賞。他に日本弁護士連合会市民会議委員など。

主な講演のテーマ

1. 子どもの貧困と日本社会~つながりの中で生きる~
2. 人としての尊厳を守る~貧困と人権~
3. 豊かな無縁社会へ
4. コロナ禍で見えてきた必要な支援とは?
5. コロナと居場所~こども食堂の取り組みから~

 #コロナ

カテゴリー

人権啓発
福祉・高齢・介護・医療
政治・経済

著作紹介

  • 『ヒーローを待っていても世界は変わらない』

    出版社: 朝日新聞出版
  • 『反貧困』

    出版社: 岩波書店
  • 『貧困についてとことん考えてみた 』

    出版社: NHK出版

あなたにオススメの講師

Page Top