湯浅 誠

ゆあさ まこと
湯浅 誠

肩書き
社会活動家/法政大学教授
出身・ゆかりの地
東京都

この講師のここがおすすめ

社会活動家/法政大学教授の湯浅誠さんは、年越し派遣村村長を経て、3年間内閣府参与に就任。
内閣官房社会的包摂推進室長、震災ボランティア連携室長など政策決定の現場に携わった。講演は貧困問題にとどまらず、地域活性化や男女共同参画、人権問題を扱う。

プロフィール

1969年東京都生まれ。東京大学法学部卒。
2008年末の年越し派遣村村長を経て、2009年から足掛け3年間内閣府参与に就任。内閣官房社会的包摂推進室長、震災ボランティア連携室長など。政策決定の現場に携わったことで、官民協働とともに、日本社会を前に進めるために民主主義の成熟が重要と痛感する。
現在、朝日新聞紙面審議委員、日本弁護士連合会市民会議委員。文化放送「大竹まことゴールデンラジオ」レギュラーコメンテーター。
講演内容は貧困問題にとどまらず、地域活性化や男女共同参画、人権問題などに渡る。

<主なメディア出演>
NHK Eテレ「ハートネットTV」

主な講演のテーマ

1. 包み込む社会へ
2. 人としての尊厳を守る~貧困と人権~
3. 格差社会を考える – 貧困と人権

カテゴリー

官公庁向け
政治・経済

著作紹介

  • 『ヒーローを待っていても世界は変わらない』

    出版社: 朝日新聞出版
  • 『反貧困』

    出版社: 岩波書店
  • 『貧困についてとことん考えてみた 』

    出版社: NHK出版

あなたにオススメの講師

Page Top