水泳

カテゴリー説明

数多くあるスポーツの中でも日本が世界レベルを維持している競技ながら若干地味な存在の水泳。お家芸と言われるほどの伝統や歴史も無いものの、比較的短期間の歴史にも関わらず、優秀な成績を数多く残してきています。特に日本では、バルセロナオリンピックで金メダルを取った岩崎恭子(当時14歳)を始め若年層から活躍するケースが多いようです。
日本では小学校から水泳の授業があることから、誰もが水泳を経験しています。小学校だけでなく、中学や高校でも多くの学校で水泳の授業が取り入れられています。また、スイミングスクールも各地に点在しており、その技術を高めるための環境が比較的多く存在していると言えるでしょう。
こうした背景以上に最近注目されているのは、日本製の競泳水着の存在です。勿論、日本人選手以外でも使用していますが、こうした技術も日本人選手による好成績を支えています。
北島康介を始め、好成績を残す選手が多く輩出されるようになってきました。優秀な選手の活躍が競技人口を増やし、将来のメダリストが増えることにつながると期待されています。特に東京オリンピックへの期待は、多くの日本人が抱いているのではないでしょうか。
最近では少子高齢化もあり、スイミングスクールが先細りの傾向があります。しかしターゲットを高齢者にも向け、高齢者のためのレッスンが増えています。マラソンなどと違い、心臓や足腰への負担が軽いので、人気を集めています。
「水泳」についての講演会、セミナー、研修、イベントの企画をご検討の際は、「ベストマッチング」を追求するコーエンプラスまで、お気軽にお問合せください。きっとご期待、ご要望にお応えできることをお約束いたします。

※掲載されていない講師も紹介可能ですので、お気軽にお問い合わせください。

あ行

か行

  • 河合 純一

    河合 純一

    かわい じゅんいち

    盲目のパラリンピック金メダリスト

た行

  • 武田 美保

    武田 美保

    たけだ みほ

    教育・スポーツコメンテーター

  • 田中 雅美

    田中 雅美

    たなか まさみ

    スポーツコメンテーター

な行

  • 中村 真衣

    中村 真衣

    なかむら まい

    シドニー五輪 銀メダリスト

Page Top