有森 裕子

ありもり ゆうこ
有森 裕子

肩書き
女子マラソンメダリスト
バルセロナオリンピック・アトランタオリンピック両大会のメダリスト
出身・ゆかりの地
岡山県

この講師のここがおすすめ

バルセロナ、アトランタオリンピック両大会女子マラソンメダリストの有森裕子さんの好きな言葉は、「よろこびを力に…」。企業の社員研修や、各地のマラソン大会に親善大使として招かれ、走る楽しさや、夢を実現するために~想いを叶える力~をお話ししてくださいます。

プロフィール

1966年岡山県生まれ。就実高校、日本体育大学を卒業して、(株)リクルート入社。バルセロナオリンピック、アトランタオリンピックの女子マラソンでは銀メダル、銅メダルを獲得。2007年2月18日、日本初の大規模市民マラソン『東京マラソン2007』で、プロマラソンランナーを引退。1998年NPO「ハート・オブ・ゴールド」設立、代表就任。2002年4月アスリートのマネジメント会社「ライツ」設立、取締役就任。現在、国際陸連(IAAF)女性委員、日本陸連理事、国連人口基金親善大使、他。米国コロラド州ボルダー在住。

「一所懸命は必ず勝ちます」と、希望を持ってがんばっていくことを小学生・中学生をはじめとする子どもたちに訴えつづけている。地雷で被害を受けたカンボジアの子供達に「義手や義足をつけ、走ることで、夢を持つきっかけになれば」とふれあい・支援の為のNPOを設立。
有森裕子の信条は、「世の中にたった一人しかいない自分の生き方にこだわること」「二度とやってこない一瞬一瞬を精一杯生きること」。
◎自己ベスト2時間26分39秒(「ボストンマラソン」1999年4月19日)

<主な活動>
国際陸上競技連盟女性委員会委員、日本陸上競技連盟理事、日本陸上競技連盟女性委員会 特別委員、日本体育大学及び日本体育大学女子短期大学部 客員教授、国連人口基金親善大使、特定非営利活動法人「ハート・オブ・ゴールド」代表理事、日本警察消防スポーツ連盟 特別顧問、社会貢献支援財団 評議員、笹川スポーツ財団 評議員、認定NPO法人スペシャルオリンピックス日本理事長、東京オリンピック・パラリンピック招致大使、緑の東京募金実行委員、平成20年度夢アスリート養成事業プロジェクト委員

 

主な講演のテーマ

1. よろこびを力に・・・~自分への挑戦~
2. 思い続ければ夢は叶う

カテゴリー

企業向け
教育・学校・PTA
健康・食育・美容・メンタル
スポーツ

著作紹介

  • 『アニモ』

    出版社: メディアファクトリー
  • 『わたし革命』

    出版社: 岩波書店
  • 『有森裕子と読む人口問題ガイドブック』

    出版社: 国際開発ジャーナル社

あなたにオススメの講師

Page Top