松野 明美

まつの あけみ
松野 明美

肩書き
元マラソンランナー
出身・ゆかりの地
熊本県

この講師のここがおすすめ

元マラソンランナーの松野明美さんは、ダウン症で生まれた次男の子育てを通じて「人生は人との競争じゃない、いちばんじゃなくてもいい」と気づく。
現在、自身のマラソンや子育ての経験をもとに、講演、タレント、ゲストランナーなど幅広く活動されています。

プロフィール

1968年、熊本県生まれ。
駆け足が遅く、いじめられっ子でおとなしい性格だったが、小学校5年生のときに出場した町内陸上大会で優勝。1位でゴールしたときの両親の笑顔がうれしくて、マラソンに目覚め「いちばんを目指す人生」が始まる。高校卒業後、ニコニコドーに入社し、陸上部に所属。
1987年、全日本実業団対抗女子駅伝に初出場し、12人をごぼう抜きする。これにより一躍注目のランナーとなる。
1988年、ソウル・オリンピック1万メートル競技に出場。
1992年初マラソンの大阪国際女子マラソンで2時間27分02秒(当時 日本・アジア最高、初マラソン世界新)を記録。人の2倍、3倍、それでもだめなら4倍の猛練習をし、数々の記録を残す。
引退後、結婚し、2002年、長男・輝仁(きらと)が誕生。
翌年、次男・健太郎がダウン症という障がいを持って生まれる。「明るく元気な松野明美」のイメージが崩れてはいけないと健太郎を一生隠そうと決心するが、日々の成長や笑顔が、著者の心を少しずつ変化させる。健太郎の子育てを通じて「人生は人との競争じゃない、いちばんじゃなくてもいい」と気づかされる。
現在は、自身のマラソンや子育ての経験をもとに、講演、タレント、ゲストランナーなど幅広く活動をする。
2010年4月 熊本市議会議員となる。

新聞記事「次男ゆっくりでも成長」

主な講演のテーマ

1. いちばんじゃなくて、いいんだね。
2. 人生はいちばんじゃなくてもいい~生まれてきてくれてありがとう~
3. 私のマラソン人生
4. 夢を描いて素敵に生きる

カテゴリー

官公庁向け
教育・学校・PTA
文化・生涯・国際・異文化交流
スポーツ

著作紹介

  • 『いちばんじゃなくて、いいんだね。』

    出版社: アスコム

あなたにオススメの講師

Page Top