智内 威雄

ちない たけお
智内 威雄

肩書き
左手のピアニスト
出身・ゆかりの地
東京都

この講師のここがおすすめ

ジストニアを発症し、左手のピアニストとして活動を再開された智内威雄氏は、驚異的なテクニックと深遠かつ豊かな音楽性で新境地を切り拓き、障害を持ったからこそ気づいた音楽の力や再発見した歴史的な楽曲を〝心に響く命の音″と題して私たちに届けてくれます。

プロフィール

東京音楽大学在学中にミラノにて研鑽を積む。
卒業後、ドイツ国立ハノーバー音楽大学に入学、その間、グリーグ国際コンクールで特別賞、マルサラ国際音楽コンクール3位入賞等数々のコンクールにて入賞受賞。
2001年ジストニアが発症し休学・リハビリを開始する。
2003年よりドイツにて左手のピアニストとして活動を再開する。
2006年に広島交響楽団とラヴェルの「左手のための協奏曲」を共演し絶賛され、同年日本デビューをする。
「左手のピアニスト」として驚異的なテクニックと深遠かつ豊かな音楽性で新境地を切り拓く。
片手にハンディキャップをもつ演奏家に、音楽を続ける道を示す任意団体「左手のアーカイブ」プロジェクトを設立する。
関西テレビドキュメンタリー番組、NHK(Eテレ)ETV特集「左手のピアニスト~もうひとつのピアノ・レッスン~」、読売新聞、朝日新聞、毎日新聞、共同通信、NHK(AM,FM,TV)等のメディア各社にて活動の特集が組まれる。

主な講演のテーマ

~心に響く命の音~
左手のピアニスト・智内威雄

カテゴリー

官公庁向け
教育・学校・PTA
福祉・高齢・介護・医療
芸能人・文化人
イベント・音楽・芸能

あなたにオススメの講師

Page Top