蓮池 透

はすいけ とおる
蓮池 透

肩書き
元「北朝鮮による拉致被害者家族連絡会」事務局長
出身・ゆかりの地
新潟県

この講師のここがおすすめ

何故、拉致問題は膠着状態に陥っているのか?そもそも「解決」とは何か?経済制裁一辺倒で拉致被害者を救えるのか?拉致事件から40年、被害者にもその家族にも、もうあまり時間はない!
元「北朝鮮による拉致被害者家族連絡会」事務局長蓮池透さんが、拉致問題の裏側と真実、ご家族としての思いをお伝えします。

プロフィール

1955年 新潟県柏崎市生まれ
1977年 東京理科大学理工学部電気工学科卒業。東京電力に入社
2002年 日本原燃に出向、同社燃料製造部副部長。MOX燃料工場プロジェクトを担当
2006年  東京電力原子燃料サイクル部部長(サイクル技術担当)
2009年  東京電力を退社

1978年に北朝鮮に拉致された蓮池薫の実兄。
北朝鮮による拉致被害者家族連絡会(家族会)の事務局長などを歴任する。

<主な著書>
『奪還 引き裂かれた二十四年』(新潮社)
『奪還第二章 終わらざる闘い』(新潮社)
『拉致 左右の垣根を超えた闘いへ』(かもがわ出版)
『私が愛した東京電力 福島第一原発の保守管理者として』(かもがわ出版)
『拉致被害者たちを見殺しにした安倍晋三と冷血な面々』(講談社)など

主な講演のテーマ

1. どうする拉致問題―あれからもう40年
2. 二つの国のはざまで翻弄され続ける家族

カテゴリー

官公庁向け
政治・経済

著作紹介

  • 『拉致被害者たちを見殺しにした安倍晋三と冷血な面々』

    出版社: 講談社
  • 『13歳からの拉致問題―弟と家族の物語』

    出版社: かもがわ出版
  • 『拉致〈2〉左右の垣根を超える対話集』

    出版社: かもがわ出版

あなたにオススメの講師

Page Top