谷口 真由美

たにぐち まゆみ
谷口 真由美

肩書き
法学者
大阪芸術大学客員准教授
出身・ゆかりの地
大阪府

この講師のここがおすすめ

元近鉄ラグビー部コーチを父に、同部寮母を母に、近鉄花園ラグビー場内で育った谷口真由美さん。大阪大学客員教授でありながら「全日本おばちゃん党」代表代行を務め、おばちゃん目線でオッサン政治をチェックしながら問題提起を続けています。
講演では、女性、障害のある人、部落差別、外国人市民などをテーマに、私たちの身の回りで見られる人権問題についてお話しいただけます。 みんなが楽しく、毎日仲良く暮らしていける社会にするにはどうしたらいいか、谷口さんが「おばちゃん」目線で切り込みます!

>講演レポートはこちら

プロフィール

1975年、大阪市生まれ。
専門は国際人権法、ジェンダー法、憲法など。現在、大阪芸術大学客員准教授で、過去には大阪国際大学、大阪大学でも教鞭を執っていた。
父が近鉄ラグビー部コーチ、母が同部寮母だったため、寮のあった近鉄花園ラグビー場内で育つ。2児の母。

人権、政治はじめ様々な社会問題に、大阪のおばちゃん目線で鋭くつっこみ、問題提起し、誰にでも分かりやすく解説。テレビ、ラジオでの情報・報道番組出演、新聞・機関誌コラム、講演会など多数。
2018年、メディア内部で働くセクハラ被害についての調査を元に、『メディアにおけるセクハラを考える会』を立ち上げ、代表として日本外国特派員協会で会見を開く。
2019年、ラグビー・ヤマハ発動機元監督の清宮克幸氏が立ち上げた(一社)アザレア・スポーツクラブの理事も務め、女性アスリートの環境改善、子供のスポーツ育成にも力を注ぐ。
2019年6月には(公財)日本ラグビーフットボール協会理事就任。2022年開幕予定の新リーグ法人準備室長を経て、新リーグのチーム振り分けを審査する審査委員長を務め、2021年6月、日本ラグビーフットボール協会理事の任期終了に伴い退任。

講演では、法学者として長年大学で教鞭を執って来た専門知識と持ち前の明るいキャラクターで、ややこしい人権、貧困、差別、社会問題、憲法、ジェンダー、SDGs、政治、ビジネス、消費生活問題に至るまで、誰もがわかりやすく納得出来るように語る。

 講演実績 
オムロン労働組合関西消費者協会奈良消費生活センター国連ウィメン日本協会北九州大阪福祉事業団JEOチャリティセミナー信州岩波講座福井県美浜町教育委員会泉南市人権推進課柏原市人権推進課大分県消費生活・男女共同参画プラザこうち男女共同参画北九州市同和教育研究協議会鳥取市人権講演会和歌山市男女共同参画愛知県豊明市教育委員会兵庫県人企連はたらく女性の中央集会胎内市人権講演会 他多数

 主なメディア出演 
読売新聞① 読売新聞②

 主な著書 
ハッキリ言わせて頂きます!(集英社)
お笑い自民党改憲案(金曜日)
日本国憲法 大阪おばちゃん語訳(文芸春秋)
憲法って、どこにあるの みんなの疑問から学ぶ日本国憲法(集英社)
どう考える?中学生からの『知憲』全4巻(文溪堂)
新・資料で考える憲法(法律文化社)
レクチャー ジェンダー法(法律文化社)
国際人権法概論(有信堂高文社)

主な講演のテーマ

<人権・ジェンダー・差別・貧困>
1.人権アップデートの必要性 ~コロナ禍(アフターコロナ、withコロナ)の人権~
2.おばちゃん目線で見る社会の問題 ~みんなハッピーに暮らすには~
3.LGBTQ家族の在り方、職場の在り方
4.スポーツと人権
5.女も男も幸せになる法則~家庭の中の“女と男”、仕事の中の“女と男”
6.誰もが自分らしく、生きられる社会に向けて
7.がんばる女性へのメッセージ(女性活躍推進)
8.子どもの貧困

<SDGs>
1.今さら聞けないSDGs
2.SDGsとスポーツ
3.SDGs経営

<憲法>
『改憲・護憲を論じるその前に!ホントに憲法を知っていますか?』

憲法の授業で学生に改憲・護憲の質問をうけます。人の考えはいろいろあると思うのですが、「まず憲法のこと本当に知っていますか?」と答えます。憲法がどのように生まれ、そして何の為にあり、何が書かれているのか?知っているつもり?になっていませんか?まずは、憲法を知る「知憲」が大事だと思います。

<政治・ビジネス>
1.オッサン政治にもの申す!おばちゃん目線で世の中もかわる?

全ての男性がオッサンという事ではない。オッサンとは、上から目線で独善的な男性、自分の意見を押し付けて、人の話を聞かない。そんな、オッサン中心になってしまっている、今の政治や社会のおかしいところに「おばちゃん目線」で愛のあるツッコミを入れます。おばちゃん目線イコール生活者目線。社会の弱いものの立場から、世の中をみていきます。

2.愛と勇気(I&YOU)おばちゃんが政治をかえる
全ての男性がオッサンという事ではない。オッサンとは、上から目線で独善的な男性、自分の意見を押し付けて、人の話を聞かない。そんな、オッサン中心になってしまっている、今の政治や社会のおかしいところに「おばちゃん目線」で愛のあるツッコミを入れます。
おばちゃん目線イコール生活者目線。社会の弱いものの立場から、世の中をみていきます。

3.これからの時代の組織の作り方

<消費生活問題>
1.生活者目線でのサービスの選び方(消費生活問題)
2.得する選択、損する選択

※オンライン講演会も対応可能です。
#コロナ

カテゴリー

人権啓発
ビジネス
教育・学校・PTA
環境・防犯・防災・消費生活
政治・経済
文化・生涯・国際・異文化交流
芸能人・文化人

著作紹介

  • 『日本国憲法 大阪おばちゃん語訳』

    出版社: 文藝春秋
  • 『憲法って、どこにあるの? みんなの疑問から学ぶ日本国憲法』

    出版社: 集英社

講師紹介動画

聴講者の声

  • 大変良かったです。人権、男女共同参画、色々なことを大変分りやすくお話頂き、気づきや発見が多くありました。中身は濃かったのですが、笑いやユーモアで楽しく聞く事が出来ました。パワーと元気ももらえました。ありがとうございました。谷口先生のお話を前からゆっくりお聞きしたいと思っていたのですが、気さくなお人柄にますますファンになりました。
  • ひとつひとつの言葉に対して非常に分りやすく説明してくださるから分りやすい講演でした。一見難しい内容の講演会にきこえるが、経験を交えて話してくださるので楽しく聴けました。知らず知らずのうちに自分だけの視点で物事を捉えて、知らず知らずの間に人を傷つけていることがあるかも…と気づかされたお話でした。想像力を働かせて人と共感できるようになりたいと思いました。
  • アップテンポで要点も強調しながら、とても上手な話し方で、圧倒されました。120%全力で話続けられる谷口さんの熱のこもったお話に終始ひきつけられ、あきることなく聞けました。人権を研究される先生の思考にふれ、心に残したい言葉がたくさんありました。
  • わかりやすい言葉で、人権の大切さをお話していただいたと思います。「つらいことは下の世代に継承しない」「自分がされて平気なことでも他人さんは嫌なことかも知れん」「嫌いな人がいてもいい。嫌いな人でも不当な扱いを受けていたら、手を差し伸べるべき」、その通りだと思いました。
  • 力強い発想の転換がよかったです。パワーの力強さに感動です。本当におもしろいお話で参加して良かったです。思考トレーニングをして想像力を豊かにして見えなかったものが見える。男女とも、いや人間として幸せに生きる社会を少しでも築いていけたらいいと思います。ありがとうございました。
  • 人権について考えさせられ、自分の思いを新たにしました。具体的に例をあげての理解しやすい内容でした。「人として高まらないと始まらない」心に深く響きました。「逆転の発想」面白い案です。今後使ってみたいと考えました。
  • 考え方、視点を変える再確認となりました。正しいか誤っているか個々(男・女の問題)で勉強することが大事。そのためにも今以上に社会の中に入って今後の人生を豊かにするのにかかわることが重要と思います。円満に生きるには、ハイ、ごめん、ありがとうと言えることが必須条件。有意義な講演ありがとうございました。

聴講者の声(憲法関係講演)

あなたにオススメの講師

Page Top