林家 花丸

はやしや はなまる
林家 花丸

肩書き
落語家
出身・ゆかりの地
兵庫県

この講師のここがおすすめ

いかにも関西人らしい元気な語り口でこれからの活動に目が離せない上方落語界の期待の星、林家花丸さんは、古典から新作まで果敢にチャレンジ。古典落語にも豊かな感性で新しい息吹を吹き込む爆笑派である一方、聞きごたえのある人情噺も評価が高く、人気がある。

プロフィール

1965年3月6日生まれ、兵庫県尼崎市出身、桃山学院大学社会学部卒業。
1991年に4代目林家染丸に入門、林家の中でも由緒ある花丸の名跡を3代目として名乗る。古典から新作まで果敢にチャレンジ古典落語にも豊かな感性で新しい息吹を吹き込む爆笑派である一方聞きごたえのある人情噺も評価が高い。
いかにも関西人らしい元気な語り口でこれからの活動に目が離せない上方落語界の期待星。

<得意ネタ>
『人情噺 幸助餅』『厩火事』『千早振る』『時うどん』『あくびの稽古』『たいこ腹』『電話の散財』『天神山』『鉄砲勇助』『三十石』『腕喰い』『夏の医者』『蔵丁稚』『ナイモンガイ』 など

<主な受賞>
1999年1月 産経新聞社主催 なにわ芸術祭、新進落語家競演会において新人賞受賞、
1999年5月 大阪府知事賞受賞、大阪市長賞受賞
2010年 繁昌亭大賞爆笑賞受賞
2015年 繁盛亭大賞受賞

<主な講演活動>
作家・柳田邦男氏らと共に医療シンポジウム『ゆとりと癒し』にパネラーとして参加。
落語家の立場から見た独自の楽しい健康論を唱え好評を博す。
年間100ヶ所以上で講演活動中。
師匠・林家染丸に同行し『日航名人会』と題した海外公演においてアメリカ・ブラジル・メキシコ・ペルー・中国・ベトナム・タイ・ドイツ・フランス・スウェーデン・ロシアイギリス・フィンランドなど15カ国23都市で好演する。

<主なメディア出演>
NHK『笑いがいちばん』、NHK『上方演芸ホール』、SU・TV『ウィークリー吹田』メインキャスター、KBS京都ラジオ『花丸のワイドワイド北近畿』メインパーソナリティ、ABC『ナイトinナイト』など

主な講演のテーマ

1. 男(ひと)と女(ひと)・笑顔と笑顔
2. 笑いと健康の素敵な関係
3. 落語的人付き合いの面白さ
4. 見る夢・追う夢・つかむ夢
5. まじめで面白い躾の話
6. 大人と子ども、人と人
7. 落語の泣き笑いで職場のストレスと付き合う~ああ実感! ~働く世代のメンタルヘルス対策セミナー~

カテゴリー

官公庁向け
企業向け
教育・学校・PTA
健康・食育・美容・メンタル
イベント・音楽・芸能

あなたにオススメの講師

Page Top