岩田 稔

いわた みのる
岩田 稔

肩書き
阪神タイガース コミュニティアンバサダー
スポーツコメンテーター/野球解説者
元プロ野球選手
もりぐち夢・未来大使(大阪府守口市)
出身・ゆかりの地
大阪府

プロフィール

1983年生まれ、大阪府守口市出身。
大阪桐蔭高校では2年生秋からエースとして活躍するも風邪をひいた際のウイルス感染が原因で1型糖尿病を発症。3年生時にもエースナンバーを背負うものの故障により県大会での登板はなかった。
高校卒業後の進路として決まっていた社会人チームへの内定は病気を理由に取り消されたが、推薦入試で関西大学に入学。大学での活躍が認められ、2005年の大学・社会人ドラフト会議で希望枠での阪神タイガース入団を果たした。
入団1年目から1軍デビューを果たし、3年目の2008年にローテ入りしプロ初勝利と10勝を挙げる。翌2009年に行われた第2回ワールド・ベースボール・クラシックの日本代表に選出され、中継ぎで2試合に登板し日本の2大会連続2度目の優勝に貢献した。
2009年から1型糖尿病患者・家族の支援団体「日本IDDMネットワーク」を通じ、1勝につき10万円を「1型糖尿病研究基金」に寄付。また「岩田稔基金」を設立し同病根治を目的とした研究助成のため寄付を行っている。その慈善活動を通じ阪神球団や日本プロ野球機構が社会貢献活動を評価され若林忠志賞やゴールデンスピリット賞なども受賞。
その後も2014年には9勝を挙げ日本シリーズでの先発や、貴重な中継ぎ左腕としても活躍した後、2021年シーズンをもって引退を表明。阪神タイガース一筋16年の現役生活を終えた。
引退後、1型糖尿病患者で一般社会、スポーツ、文化、科学、芸術などで活躍した人に対して日本糖尿病協会から贈られる賞で、岩田と同じ1型糖尿病を抱えながら巨人や大リーグで活躍したビル・ガリクソン氏にちなんだ「ガリクソン賞」を受賞。
2022年からは野球解説者/スポーツコメンテーターとして活動する傍ら、引き続き1型糖尿病の根治に向けた啓発活動を続けて行く予定。

主な講演のテーマ

1.「やらな、しゃーない!」~逆境に負けない岩田流セルフマネジメント~
大阪桐蔭高校2年生の時、エースとしてチームメイトと甲子園を目指していた自分が、突然の1型糖尿病の診断を受ける。「もう、野球できへんな」と落ち込む中、担当医から同じ1型糖尿病ならがメジャーリーグや巨人で活躍したビル・ガリクソンのことを教えられ、彼の活躍に勇気づけられ再起を図る。しかし入院や治療で休んだ分を挽回しようと無理をした結果、今度は怪我で試合に出られず、目標だった甲子園にも出場することが出来なかった。さらに追い打ちをかけるように病気を理由に内定をもらっていた社会人野球の企業からの内定取り消し…そこから大学への進学と活躍、そして地元・阪神タイガースへの入団。プロ入り後も怪我や不調、手術など様々な困難をはね除け、日本シリーズでの登板やWBC日本代表として世界一にも輝いた。
「病気になっていなかったら、今よりは弱い自分だっただろう」そう言い切る岩田の人生を通して目標や逆境に負けない不屈のメンタル「やらな、しゃーない!」をお伝えし、聴講者の方々も勇気づけられるようなお話しをいたします。

2. 1型糖尿病って知っていますか?
「いいものを食べ過ぎたんちゃうの?」
岩田自身が1型糖尿病であることを明かした時、こんな心無い言葉をかけられた経験は1度や2度ではありません。そもそも生活習慣病である2型糖尿病と1型糖尿病とは何が違うのか。1型糖尿病に関する知識が広まっていないとはいえ、まだまだ誤解や偏見が多くもっと多くの方に知っていただきたい、自分が活躍することで1型糖尿病のことをもっと理解してほしい。
部活中やプロに入ってからのエピソードや人目を避けてインスリン注射を行っていた岩田が公の場で注射をさすようになったキッカケなど、様々なエピソードを通して1型糖尿病の理解を深めていただけたらと思っています。
「1型糖尿病患者の希望の星になりたい」と活動してきた「IWATA PROJECT21」や、現役引退後に掲げた「1型糖尿病患者の人のためのBig Familyを作っていきたい!」という岩田の今後の活動についてもお話しします。

※オンライン講演会も対応可能です。

カテゴリー

ビジネス
教育・学校・PTA
福祉・高齢・介護・医療
スポーツ

著作紹介

  • 『やらな、しゃーない!』

    出版社 ‏ : ‎ KADOKAWA
  • 『消えそうで消えないペン』

    出版社 ‏ : ‎ ベースボール・マガジン社

あなたにオススメの講師

Page Top