川上 昌裕

かわかみ まさひろ
川上 昌裕

肩書き
ピアニスト辻井伸行の恩師
ピアニスト
東京音楽大学准教授
出身・ゆかりの地
北海道

この講師のここがおすすめ

ピアニスト辻井伸行さんの長所を最大限にひきだすためにさまざまな工夫、指導された恩師 川上昌裕氏。二人三脚で歩んだ12年間のお話「ピアニスト辻井伸行~奇跡の音色はこうして生まれた」は川上氏にしか語れない内容で何度聞いても感動します。

プロフィール

1965年、北海道生まれ。東京音楽大学(ピアノ演奏家コース)を首席で卒業。1888年、マリア・カナルス国際コンクール入賞。1992年、留学先のウィーン・コンセルヴァトリウムを首席で卒業。7年の留学を経て1995年帰国。同年の4月、小学校1年生の辻井伸行氏と出会い、高校3年生までの12年間、ピアノの指導をする。日々のレッスンだけでなく、海外公演やショパン国際ピアノコンクール出場時も同行して指導。辻井伸行氏のピアノの恩師としても知られる。
現在は、東京音楽大学准教授として後進の指導にあたりながら、ピアニストとしてコンサート活動やテレビ・ラジオへの出演、楽譜の編集出版、執筆、講演、コンクール審査、マスタークラスの講師など国内外で多方面に活躍中。
これまでに CD「バラキレフ&スクリャービン」「メトネル 嵐のソナタ」「カプースチン 室内楽集①」など7枚のアルバムをリリース。特にロシアの音楽家ニコライ・メトネル、ニコライ・カプースチンの作品の演奏、研究には定評があり、カプースチン氏からはピアノ曲を献呈されている。

<主なメディア出演>
「こころの遺伝子~あなたがいたから~器の大きなピアニストになれ 辻井伸行」
「クローズアップ現代」(NHK総合テレビ)にインタビュー出演
「ニュースステーション」(テレビ朝日系)など他多数。

主な講演のテーマ

1.『ピアニスト辻井伸行  「奇跡の音色」はこうして生まれた』
第13回ヴァン・クライバーン国際ピアノコンクールで日本人として初めて優勝し、「奇跡の音色」と賞賛された辻井伸行さんの美しい音色はいかにして生まれたのか。伸行さんが小学校1年生から高校3年生までの12年間、ピアノを指導した恩師・川上昌裕さんが、その誕生秘話を紹介。伸行さんの才能をどう引き出して伸ばしていったか、感動のエピソードや具体的なノウハウを交えながらお伝えしていきます。

2.『“天才”を育てる技術 ~才能の見つけ方、伸ばし方~』
12年間、辻井伸行さんのピアノ指導を行い、現在は、ピアニストとして活動しながら東京音楽大学の講師も務める川上昌裕さん。人間がもつ才能をどのようにして見つけ、引き出していけばよいのか、伸行さんへの指導法を交えながら、お話いたします。また、天才を育てるために大切な思考法や上手な人間関係の作り方なども紹介。音楽家を目指すお子さんや親御さんをはじめ、教育に携わっている方、子育て中の方、経営者やビジネスマンの方など、幅広い年齢層に満足いただける内容です。

3.『音楽家になるために大切なこと 』
現在、東京音楽大学の講師を務める川上昌裕さんが、ピアニストや音楽家を目指すために必要なことをお話します。心構えや思考法、スキルアップを目指すレッスン法、表現力をつけるためのポイント、目標の上手な設定方法など、さまざまなノウハウをたっぷりお伝えしていきます。また、音楽家を目指すことの楽しさや厳しさ、音楽家の日常や業界の具体的なエピソードなど、ここでしか聴けない話が満載です。
*指導者向け、音楽家を目指す親子向けなど、対象に合わせてお話することも可能です
*実際にピアノ演奏を交えながらの講演、少人数制のセミナーも可能です

4.『親子で音楽を楽しむ♪ トーク&ピアノ演奏』
情操教育として生のピアノの音色をお子さんへ聴かせたい方へ、親子で参加できる“トーク&ピアノ演奏”です。ショパンやモーツァルトなど代表的な音楽家や、ピアノ・音楽についての基礎的なお話、意外と知られていないエピソードなどを紹介。また、伸行さんが小学生の頃はどういった指導をしたのかもお話します。音楽のお話もピアノ演奏も楽しめる内容です。

※1~3までの講演内容に加えて、ピアノ演奏を組み合わせることも可能です

カテゴリー

官公庁向け
教育・学校・PTA
福祉・高齢・介護・医療
芸能人・文化人
イベント・音楽・芸能

著作紹介

  • 『ピアニスト辻井伸行 奇跡の音色 ~恩師・川上昌裕との12年間の物語~』

    出版社: アスコム
  • 『ピアニストは、進化する ~「限界」を超える奇跡のピアノ指導~』

    出版社: ヤマハミュージックメディア

あなたにオススメの講師

Page Top